新婚の平岡祐太に中村梅雀&内藤剛志がアドバイス!「男は我慢。奥さんは世界でたった一人の味方」:機捜235×強行犯係 樋口顕

新婚の平岡祐太に中村梅雀&内藤剛志がアドバイス!「男は我慢。奥さんは世界でたった一人の味方」:機捜235×強行犯係 樋口顕

  • テレ東プラス
  • 更新日:2023/01/25

1月27日(金)夜8時からは、金曜8時のドラマ「今野敏サスペンス 機捜235×強行犯係 樋口顕」(*初回は2時間スペシャル)を放送!

「テレ東プラス」では、中村梅雀、平岡祐太、内藤剛志が登壇したオンライン記者会見をリポートする。

No image

警察ミステリー界の巨匠・今野敏が手掛ける2大人気原作のスペシャルコラボが実現。梅雀&平岡の"機捜バディ"と、内藤を中心とした"樋口班"がタッグを組み、難事件を2つの違った角度から、痛快かつ爽快にスピード解決する。

コラボが決定した時の心境について、梅雀は「『機捜235』が連ドラ化するということに、まずビックリしました。冴えないオッサンが主役なのに、『いきなり連ドラ?』と(笑)。でも、『樋口顕』とは原作者が同じなので、十分アリだなと思いました」とコメント。
梅雀と内藤は同い年で、内藤は、今回のコラボに「親戚に会えたよう」と喜びを。
さらに内藤が「『機捜235』はこれまで何度か単発で放送していたので、そこに僕が入っていいのかなと。梅雀さん本人に『怒ってない?』と聞いたら、『いいに決まってるじゃない!』って(笑)」とエピソードを明かすと、梅雀も「東京でも京都でも、会う度に『本当にいいの?』って何度も確認しにきた」とコメントし、笑いを誘った。

No image
No image

会見では、新婚ホヤホヤの平岡に梅雀と内藤がアドバイスを送る一幕も。"自分は反論してしまうタイプ"という平岡は、内藤から「食卓は自分の意見を発表する場ではない(笑)」と夫婦生活についての金言を受けたという。

No image

梅雀は「夫婦というのは山あり谷あり。いろんなものを乗り越えて、後からお互い『あの時よく頑張ったね』と言える。男は奥さんの日頃の苦労を分かってあげて、耐えて。妻に支えられるのではなく、支えてあげる。それが我々が肌で感じてきたこと」とアドバイス。内藤も「男は我慢。奥さんは世界でたった一人の味方、2人のチームなんだから相手を理屈で追い詰めてはいけない。支えてあげてください」と夫婦円満の秘訣を伝授した。

最後は、視聴者にメッセージを。平岡は「監督も4人になり、撮る人が変わると作品の雰囲気も変わる。毎週楽しんでいただけると思います」、梅雀は「パワー倍々のコラボになっています。全7話ありますけど、14年前に起こった"ある事件"の謎がずっと関わってくる。それがすごく深くて、あっと驚く展開になっています。ドラマの質も途中でガラッと変わるなど、どんどん成長していくところが魅力なので、ぜひラストまでお見逃しなく!」と語り、会見を締めくくった。

(取材・文/みやざわあさみ)

【第1話あらすじ】

No image

盗難車両を追跡する縞長(中村梅雀)と高丸(平岡祐太)。追いつくまであと少し...!というところで、窃盗犯は車から飛び出し、置いてあったバイクで逃げてしまう。犯人を逃してしまったものの、車の持ち主の夏美(雛形あきこ)は、車に積んであったお弁当が取り返せたので安心しており、一件落着。
そんな中、高架線下で男性の遺体が発見されたとの通報が入る。すぐさま現場に向かい、捜査していると、縞長は一人の男を発見。縞長が話しかけると、なんとその男は逃亡! 走って後を追い、二手に分かれて挟み撃ちにしようとすると、その男の前に一人の刑事が立ちはだかる。その刑事の名は、樋口顕(内藤剛志)! 偶然の出会いをきっかけに語らう縞長&高丸ペアと樋口班。会話の中で、遺体として見つかった山崎礼二(姜暢雄)という男は、ある事件に関して1か月ほど前から樋口班が後を追っている人物であることが判明! ふたつのチームが繋がったことで、車両盗難事件や過去の放火事件など、様々な事件と人物が繋がっていることがわかっていき...。

事件の謎は深まるが、解決力はレベルアップ! 果たして山崎殺しの犯人は誰なのか。機捜チーム×樋口班で警視庁最悪の未解決事件に挑む!

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加