【東京五輪】来日タレントの「推定市場価格」トップ10! 日本人選手で最高額は?

【東京五輪】来日タレントの「推定市場価格」トップ10! 日本人選手で最高額は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/20

東京オリンピックの男子サッカーは、開会式に先駆けて7月22日に開幕。世界各国から集まった16か国がメダルをかけて鎬を削る。

今夏はヨーロッパでEURO、南米でコパ・アメリカが開催されたため、所属クラブや本人が招集拒否/辞退を申し入れた事例も多かったものの、それでも少なくない注目タレントが来日。『transfermarkt』の推定市場価格(実力や実績、年齢などを加味して算出された選手の市場価値)のトップ10は、以下の通りとなっている。

【東京オリンピック・男子サッカーの推定市場価格TOP10】
1位:ペドリ(スペイン/バルセロナ)8000万ユーロ
2位:ミケル・オジャルサバル(スペイン/R・ソシエダ)7000万ユーロ
3位:フランク・ケシエ(コートジボワール※/ミラン)5500万ユーロ
3位:リシャルリソン(ブラジル/エバートン)5500万ユーロ
5位:ダニ・オルモ(スペイン/RBライプツィヒ)5000万ユーロ
5位:パウ・トーレス(スペイン/ビジャレアル)5000万ユーロ
7位:ジエゴ・カルロス(ブラジル※/セビージャ)4500万ユーロ
8位:カルロス・ソレール(スペイン/バレンシア)4000万ユーロ
8位:ミケル・メリーノ(スペイン※/R・ソシエダ)4000万ユーロ
10位:ドグラス・ルイス(ブラジル/アストン・ビラ)3500万ユーロ
10位:マルコ・アセンシオ(スペイン※/R・マドリー)3500万ユーロ
※=オーバーエイジ
先のEUROで最優秀ヤングプレーヤー賞に輝いたペドリが今大会1位。2位は同じくEUROに出場していたオジャルサバル、3位がミランの主力であるケシエ、コパ・アメリカ組のリシャルリソンだった。

ちなみに、日本で最高額は冨安健洋(ボローニャ)の2000万ユーロで、大会全体では19位タイ。2位は久保建英(R・マドリー)の1500万ユーロ、3位は遠藤航(シュツットガルト)の1000万ユーロとなっている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加