ドイツ、戦車レオパルト2提供へ 慎重姿勢から一転、再輸出も容認

ドイツ、戦車レオパルト2提供へ 慎重姿勢から一転、再輸出も容認

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/25
No image

"ドイツ西部アウグストドルフの陸軍基地で2022年3月30日、レオパルト戦車の前に立つドイツ兵=AP"

ドイツのショルツ首相がドイツ製の主力戦車「レオパルト2」をウクライナに提供する方針を固めたと、ドイツメディアが24日、相次いで報じた。他国が保有するレオパルト2についても、再輸出を認める方針だという。ショルツ氏は戦車の供与に慎重な姿勢を続けてきたが、態度を一変させることになりそうだ。

【写真】ウクライナはなぜドイツの戦車を求めるのか。元陸将に聞く「3大戦車」の性能

独誌シュピーゲル(電子版)によると、ドイツ連邦軍が保有する車両を供給し、中長期的には防衛産業が保有する車両も対象にするという。具体的な提供数や時期はわかっていない。

今後、ロシアの攻撃がさらに激しくなると予想されており、ウクライナ政府は欧米各国に戦車などの提供を求めてきた。欧州各国の軍が計約2千両保有するレオパルト2は「世界最強の主力戦車」と評価される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加