10月31日投票 「衆議院解散」...短期決戦へ 令和初の総選挙 政党関係者は?有権者は?【岡山・香川】

10月31日投票 「衆議院解散」...短期決戦へ 令和初の総選挙 政党関係者は?有権者は?【岡山・香川】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/10/14
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

衆議院が14日解散され、総選挙の日程が10月19日公示、31日投票に決まりました。コロナ禍で迎える令和初の総選挙、政党関係者と有権者の声を聞きました。

(14日・午後1時過ぎ 衆議院本会議)

「日本国憲法第7条において衆議院を解散するバンザイ」

14日午後、衆議院が解散され、総選挙の日程が正式に決まりました。異例の短期決戦、与野党は、すでに臨戦態勢です。

(自民党岡山県連 天野学幹事長)

「コロナ選挙でしょう、コロナ対策はどこの党がやっても同じようなことを言っている。明確にコロナ収束後の日本社会を打ち出すことが大事だと思う。」

(立憲民主党岡山県連 鳥井良輔幹事長)

「政治に対しての不審や政治家に対する不信諸々、そういった不振長期政権の中で生まれてきた弊害を払拭するために、もう一度国会議事堂に集う皆さんは良識持ったみんなが集まり良識をもった政治を国民の方を向いて進めていくべきだと、それを問う選挙。」

コロナ禍で迎える令和初の総選挙、有権者が求めることを聞きました。

【岡山市】

(主婦・70代)

「やっぱりコロナの収束と経済活性化してほしい。」

(主婦・70代)

「風通しのいい政治、岸田さんには期待している。」

(会社員・20代)

「コロナ禍でつぶれた会社もいっぱいある、その部分をどうしていくかが一番大事かな。」

(学生・10代)

「コロナ禍で経済的に厳しい、学生も一人暮らしで厳しいのでそこを支援してほしい。」

(無職・90代)

「(議員は)自分たちだけのことを考えてる。野党の方も相手のこと責めないで自分がこういうことすともっとはっきり言って自民党の足ひっぱらないで。」

【高松市】

(パート従業員・60代)

「好きにすればって感じよ、よりよいあすよりよい未来若い人、そういう感じ。」

(会社経営・30代)

「自分たちの暮らし、どこまでやってくれるのか、コロナもあるだろうが、色々動き始めた中で支援してもらえるのがどこまで続くのか気になる。」

(看護師・30代)

「医療費の無償化とか教育に関する所の、大学まで無償化とかあったらなと思う。」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加