追悼・門田博光さん ライバル村田兆治さんの急逝を「ちょっと早すぎる」と悼んでいた時のこと

追悼・門田博光さん ライバル村田兆治さんの急逝を「ちょっと早すぎる」と悼んでいた時のこと

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2023/01/25
No image

突然の訃報だった(撮影・杉原照夫)

現役時代は南海などで活躍し、プロ野球歴代3位の567本塁打を放った門田博光さんが74歳で亡くなっていたことが1月24日、分かった。兵庫県西部で療養中のことだった。1970年に南海に入団した門田さんは、一度は右アキレス腱断裂の大ケガで現役続行が危ぶまれたものの、見事に復活。1988年には40歳にして本塁打、打点の二冠王に輝き、「不惑の大砲」と呼ばれた。

【写真】生前、取材場所に元気な姿を見せていた門田氏。

現役時代を通じてパ・リーグでプレーした門田氏。本誌・週刊ポストが最後に連絡を取ったのは昨年11月だった。同じくパ・リーグのロッテで長く活躍し、やはりヒジの故障から復活を遂げた村田兆治さんが自宅火災で亡くなったという一報が流れた直後のことだ(享年72)。

同じパ・リーグで何度も対戦した村田さんから、門田さんは14本の本塁打を打っている。ただ、門田さんは「ライバルにはなれなかったね」と振り返っていた。

「ボクのほうが打てんかったんやから……。疲れているのか疲れていないのかが表情に出ないピッチャーやったね。兆治の場合、フォークの威力もさることながら、あのマサカリ投法だと、どのタイミングで始動すればいいのかわからない。もっといえば、兆治はバッターにフォークの握りをこっちに見せて、次に投げると宣言するわけです。それでも打てない。これはバッターとしては堪えましたね」

先発して9回になってもコントロールが乱れず、球威も落ちなかった村田さんが途中降板した記憶がないといい「あの時代の野球がどういうものか、叩き込まれた選手のひとりだった」と述懐していた門田さん。

「マサカリ投法が完成した頃かな、ボクが完璧なスライダーをホームランしてからはスライダーを投げてこなくなった。フォークが武器だったが、ボクが正しいコースに投げたカーブとスライダーをうまく打つことが悔しいということでフォークを投げるようになった。フォークとストレートのコンビネーションでしたね。フォークという名刺ができたので、バッターはフォークが来ないのに警戒する。そんな恐怖感を与えるピッチャーになったことで簡単に打てなくなりましたね」

そして「ボクが言うのもなんやけど、頑固やったからね」と言い添えて苦笑いしていた。

ベタベタした友達関係にはならない

門田さんの話は、村田さんの思い出を振り返りつつも、かつてプロ野球の世界にあった選手たちの「プライド」がどのようなものだったのかといったところにも及んだ。

「あの頃はみんな頑固というか、野球を通じて貫くべき精神、道徳というものがあった。今の時代と違って、歯を食いしばれという時代でしたからね。我々は当たり前のことをやっていただけなんですけどね。

兆治のフォークを完璧にとらえたのは1回ぐらいしかなかったね。それもゲームの終盤にボールがヘナヘナとなる頃にしかバットに当たらなかったですね。当時は一緒になるのはオールスターゲームぐらい。今のようにベタベタした友達関係にはならない。黙って自分の仕事をするという雰囲気だった。フォークをどうやって投げるのか、とか聞くような選手はいなかったね。すべて商売道具。企業秘密だった。

兆治との対戦で記憶にあるのは大阪球場での逆転3ラン。仙台(ロッテの本拠地だった宮城球場)で兆治にコテンパンにされたんです。その時に兆治と捕手に聞えるように“この次の大阪ではストレートだけやで”と何度も叫んだんです。大阪球場でも“ストレートだけやで”と言ったんです。すると正直にストレート勝負をしてくれて、逆転3ランとなった。バンザイしながら“ありがとう”とダイヤモンドを回ると、兆治が悔しそうな顔をしていた。そんなこと(真っ向勝負)ができるのも、お互いに自信があるからですよ」

門田さんは「兆治はボクより2学年下なんですわ。ちょっと早いんちゃいますか」と“戦友”の死を悼んでいたが、その2か月後に門田さん本人の訃報に接するとは思ってもみないことだった。「昭和のパ・リーグ」を舞台に活躍した名選手が、またひとりこの世を去った。ご冥福をお祈りいたします。

■取材・文/鵜飼克郎(ジャーナリスト)

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加