エンゼルス、臨時投手コーチが陽性反応と監督明かす

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21

エンゼルスのジョー・マドン監督(67)が20日(日本時間21日)、臨時で投手コーチを務めていたマット・ワイズ氏が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを公表した。現在は規定に従い、隔離されているという。

ブルペンコーチを務めていたワイズ氏は、活動停止処分となったミッキー・キャロウェー氏に代わり、暫定で投手コーチを任されていた。キャロウェー氏は女性記者やリポーターに対し、不適切な画像を繰り返し送信するなどのセクハラ行為を続けたとして球団から処分を受けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加