ANA、PWエンジン搭載の777運航再開 10月末めどに全15機復帰へ

ANA、PWエンジン搭載の777運航再開 10月末めどに全15機復帰へ

  • Traicy
  • 更新日:2022/06/23
No image

全日本空輸(ANA)は6月23日、プラット&ホイットニー製のPW4000系列型エンジンを搭載した国内線仕様のボーイング777型機の運航を再開した。2021年2月の運航停止以来、約1年4か月ぶりの運航再開となる。

対象機材はボーイング777−200型機10機とボーイング777-300型機5機の計15機。必要な再発防止対策が整った機材から順次運航を再開する。6月23日からはまず、405席仕様のボーイング777-200型機1機(機体記号:JA742A)の運航を再開。初便は東京/羽田発、福岡行きのANA255便で、午後1時40分に羽田空港を出発した。

PW4000系列型エンジンをめぐっては、2021年2月に発生したユナイテッド航空機でのエンジン損傷を受け、国土交通省航空局が同系列のエンジンを搭載した機材の運航停止を各社に指示していた。エンジンの損傷は、疲労亀裂によるエンジンファンブレードの破綻や、ファンブレードの破断が引き起こすエンジン振動によるエンジンカウルの損傷と脱落、スラストリバーサー(逆噴射装置)の損傷や作業油遮断バルブの不具合による防火機能の低下が推定原因とされている。

No image

▲再発防止のための改良を完了したPW4000系列型エンジン

同局は今年3月、再発防止策の実施を条件として商業運航再開を認める決定を出した。ANAは再発防止策として、ファンブレードの破断防止のための非破壊検査の強化や、エンジンカウルやエンジンの防火設備の強化を順次行っており、10月末をめどに対象全機材の復帰が完了する見込み。

No image
No image
No image
No image

佐藤 正晃(編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加