吉野家「親子丼」、10年かけて開発も3か月で終売 なぜ?「予想以上の大好評」広報は再販示唆

吉野家「親子丼」、10年かけて開発も3か月で終売 なぜ?「予想以上の大好評」広報は再販示唆

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2022/06/24

吉野家は2022年6月22日、約10年かけて開発してきた親子丼を、食材がなくなり次第、終売するとツイッター上で発表した。4月に発売したばかりの商品だった。ファンからは「レギュラーで販売してほしい」「もっと食べたいのに!」と惜しむ声が広がっている。

No image

なぜたった3ヶ月で終売するのか。J-CASTニュースの取材に対し吉野家の広報は、「今後、より良い形で販売できるよう社内検討をするため」だと述べる。

再販時期が決定次第、お知らせ予定

親子丼は4月19日に発売された。復活販売するのは10年ぶりで、「箸やレンゲが止まらない、うまい・やすい『親子丼』」をコンセプトに開発した。吉野家の広報は、開発の難しさをこう振り返る。

「親子丼に関しては10年間かかるほどの熱い思いと開発過程での難しさがありました。開発過程では、親子丼のうまい・やすいポイントを実現しながらの商品設計と約1200店舗の規模で均一の味・調理のクオリティの担保実現を行うことに非常に時間を要しました」

10年かけて商品開発した結果、とろりなめらかな玉子、ぷりっとした鶏肉、しゃきっとした玉ねぎ、それぞれの食感と味わいを楽しめる特製たれの味わいが好評だったという。広報によれば、年代や性別を問わず多くの人々に継続的に売れたそうで、販売食数は350万食を超える。

終売の発表を受けて、SNSでは惜しむ声が広がっている。なぜ、10年かけて開発した人気商品を3か月で終売するのか。広報は次のように説明する。

「予想以上の大好評を受け、今後、より良い形で販売できるよう社内検討をするため、商品の販売を一旦終了させていただくことになりました。再販概要・時期については検討の上、決定しましたらプレスリリースなど公式媒体からお知らせいたします」

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加