DeNA・石田 女子ゴルフの三ケ島かなから刺激 先発で輝きを取り戻す

DeNA・石田 女子ゴルフの三ケ島かなから刺激 先発で輝きを取り戻す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/01/16
No image

トークショーに参加した田中健(左)と石田(撮影・中田匡峻)

DeNA・石田健大投手(28)が15日、神奈川県横浜市内のNISSANホールで田中健二朗投手(32)と「NISSAN presents横浜DeNAベイスターズトークショー」に出席した。

昨季は中継ぎとして33試合に登板。1勝2敗、防御率は5・73と悔しいシーズンを送った。「やり返さないといけない年」とイベントでファンに誓った。

絶対打ち取りたい打者にはヤクルト・村上宗隆内野手、阪神・佐藤輝明内野手の名を挙げた。昨年の対戦成績は村上が5打数4安打。佐藤が3打数1安打と、対戦成績は少ないものの2人に分がある。石田は「どの打席でも一発がある恐怖心は投手としてすごく嫌だった。(佐藤は)あそこまで1年目から怖がらずに振ってこれるのはすごい」と話した。

発奮材料は他競技からも得られた。厚木自主トレでは、昨季の最終戦JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで悲願の初優勝をメジャー優勝で飾った、女子ゴルフの三ケ島かなも参加。「僕も負けないようにやらないといけない。すごく刺激をもらった」と、今度は石田ら厚木自主トレメンバーがリーグ優勝を報告する番だ。

シーズン終盤には、先発としてもマウンドに上がった左腕。今季は「今のところはその気持ちでいます」と先発として再び輝きを取り戻すことを明かした。体の状態もよく、既にブルペンにも入った。初実戦は春季キャンプで行われる2月12日の紅白戦に標準を合わせており、ここからさらに仕上げていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加