真面目すぎて仕事ができない人が選びがちな悪手

真面目すぎて仕事ができない人が選びがちな悪手

  • CHANTO
  • 更新日:2021/01/13
No image

仕事に対して真面目に取り組む姿勢は大切ですが、“真面目過ぎる”とかえって悩みを抱えてしまう人も少なくありません。では真面目過ぎる性格を改善するために、どうような対策をとればいいのでしょうか。

あれこれ欲張りすぎて結局業務が進まない…

まずは“真面目過ぎる人”の特徴を見ていくと、「『全部自分1人でやり遂げなきゃ』って思ってるからすごく疲れるし、気を張りすぎてストレスがハンパじゃない」「ちょっとした雑務でも完璧にこなそうとして、つい時間をかけすぎてしまう。そのせいで他の業務が全然進まないことがよくある…」などの声が。真面目な性格が裏目に出てしまうようです。

状況に合わせて臨機応変に対応できればいいものの、ネット上では「力を抜いて仕事をするのは抵抗がある」「上司や先輩から『真面目過ぎる』とよく言われるけど、改善策を知らないので困る」などの声が上がっていました。

肩の力を抜くことで冷静さを取り戻せる!?

真面目過ぎる人の悩みを解決するために、「業務に対して“優先順位”をつけるようにしたほうがいい。何事にも全力で取り組む姿勢は残しつつ、優先順位の高いものから手をつけた方が後々困らないと思う」「自分1人で背負いこみすぎて仕事が終わらないのは本末転倒だから、“人に頼ること”も意識すべき。『相手に迷惑をかけるんじゃないか』とためらってしまう場合は、上司や先輩に相談する形でもいいと思う」といったアドバイスが寄せられています。

ほかにも、「集中力を維持し続けるのは難しいので、たまには気分転換も必要だし、気持ちを切り替えて気楽に構えてみては」という意見が。実際に肩の力を抜くことで「以前より疲労感が軽減したし、仕事の効率も向上した!」「自分の進捗状況を冷静に見つめ直せて、要領よく仕事をこなせるようになった気がする」などの声も見られます。“適度な息抜き”は仕事をおこなう上で思いのほか重要なのかもしれません。

>>NEXT 子育てと仕事を両立させるコツは?

家事で“手を抜く”!?

働く人の中には、仕事と子育てを両立する“ワーママ”も多いはず。ただでさえ忙しいため、どちらも真面目に取り組みすぎると身が持たないですよね。そこで世のワーママたちはどのような工夫を凝らしているのか、株式会社ビズヒッツが以前実施した「仕事と子育ての両立に関する意識調査」を見ていきましょう。

同調査では644名の働くママを対象に、「子育てと仕事を両立するコツ」を質問。「事前に準備をする(50人)」「便利なものは積極的に利用(49人)」などの回答があがる中、「手を抜く(120人)」という回答が2位にランクインしていました。

“手を抜く時”の具体的なエピソードを見ていくと、「部屋が散らかっていても、平日は片づけない」「忙しくて手が回らない場合、食事は冷凍食品やお総菜を利用する」といったコメントが。決して無理をせず、“理想や完璧を追い求めすぎないこと”が両立する際のキーポイントとなるようです。

ちなみに同質問の1位は、「夫や周りの協力を得る」の163人でした。やはり少しでも負担を減らすために、周囲の協力は必要不可欠なのかもしれません。

真面目過ぎる性格の人は、自分自身を追い込まないように気をつけていきたいですね。

関連記事:

「真面目過ぎると仕事で不幸になる」と部下に言えるのか!?

職場で「やる気がない認定」される人の共通点「たったそれだけのことで!?」

文/牧野聡子

参照/株式会社ビズヒッツ「仕事と子育ての両立に関する意識調査」https://www.atpress.ne.jp/news/219070

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加