深田恭子『ルパンの娘』初回7.5%! 爆死フラグもファンからは納得の声

深田恭子『ルパンの娘』初回7.5%! 爆死フラグもファンからは納得の声

  • まいじつ
  • 更新日:2020/10/17
No image

(C)まいじつ

女優・深田恭子が主演の連続ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)続編の第1話が、10月15日に放送。初回の世帯平均視聴率が7.5%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。

【関連】福士蒼汰“賞味期限切れ俳優”に!? 視聴率不振の原因は演技力と女性関係か…ほか

同ドラマは、横関大の同名小説シリーズが原作。泥棒を家業としている〝Lの一族〟の娘・三雲華(深田)が、警視庁捜査一課に所属し、家族全員が警察官という桜庭和馬(瀬戸康史)との恋愛を描いたラブコメディーだ。2019年7月から放送された第1シーズンの平均視聴率は7.1%だった。

「前シーズンの最終回では、『Lの一族は一家全員が死んだ』と世間を騙し、華と和馬が結ばれました。相変わらずツッコミどころ満載のストーリーでしたが、今回、第1話の劇中再現ドラマで突然、華役に吉田沙保里が登場し、視聴者の間に衝撃が走りました。吉田は深田のインスタグラムにたびたび登場するなど、プライベートで親交を深めており、今回の出演は深田の計らいがあったようですね」(エンタメ誌記者)

恭子ちゃん演じる華役で、まさか!まさか!!の出演でした😆😆😆
こんなことあるんですね…🤣🙏
あまりにも嬉し過ぎて、記念写真をたくさん撮りました😁
ありがとう恭子ちゃん😘💓
優しく見守っていただいたスタッフの皆さん、ありがとうございました🙇‍♀️ #ルパンの娘 #三雲華 #深田恭子 ちゃん pic.twitter.com/qi1nndDfus
— 吉田沙保里 (@sao_sao53)
October 15, 2020
from Twitter

『ルパンの娘』にとっては通常運転だった!

相変わらずツッコミどころの多い同作に、ファンからは

《ワクワクするB級感が変わってなくてよかった》《私は、あの大袈裟なBGMやダサカッコ良い演出がたまらなく好きだが、嫌いな人は一目見てダメだろう。まさに好きな人だけ見れば良いドラマだと思う》《この単純明快で後味スッキリなドラマが、脳みそが疲れず楽に観られてGOODです》《こういうドラマがあっていい。数字至上主義はやめて! 多種多様なドラマが観たい》《吉田沙保里は反則。こういうセンスがたまらない》

といった声があがっている。

「主演の深田は、演技力のある役者じゃありませんからね。そこを逆手にとって、コメディー路線に舵を切った製作陣は優秀でしょう。第1話の視聴率が7%台だったのは、局側もファンも想定内だったのではないでしょうか。前シーズンは初回に8.4%を記録したものの、その後は徐々に数字を落とし、第6話では5.4%にまで落ち込みました。ファンですら、《続編を作ることに驚いた》と疑問視する人もいますよ」(同・記者)

第2話では、前シーズンに引き続き、女優の遠野なぎこがスナックのママ役で登場する。独自路線を貫いて、このまま突っ走ってほしいものだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加