ウィル・スミス主演・製作『ドリームプラン』公開へ テニス界のスター姉妹を育てた父描く

ウィル・スミス主演・製作『ドリームプラン』公開へ テニス界のスター姉妹を育てた父描く

  • Real Sound
  • 更新日:2021/10/14
No image

『ドリームプラン』(c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ウィル・スミスが主演とプロデューサーを務めた映画『King Richard(原題)』が、『ドリームプラン』の邦題で2022年2月23日に全国公開されることが決定。あわせて特報映像が公開された。

本作は、世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を、ゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げたテニス未経験の父リチャードが独学で作り上げた「計画書=ドリームプラン」にまつわる実話をもとにした物語。『Monsters and Men(原題)』『Joe Bell(原題)』のレイナルド・マーカス・グリーンが監督を務め、共演には『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』のアーンジャニュー・エリス、『フェンス』のサナイヤ・シドニー、『Godfather of Harlem(原題)』のデミ・シングルトン、『ダイバージェント』シリーズのトニー・ゴールドウィン、『モンタナの目撃者』のジョン・バーンサルらが名を連ねる。

ビーナス&セリーナ姉妹は、女子プロテニス界のトップに10年以上にわたり君臨。ビーナスはグランドスラム(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンのテニス界の世界4大大会を制覇)を7回、セリーナは23回(女性歴代2位)、オリンピックでは、2人合わせて5つの金メダルを獲得。女子プロテニス史に名を残す2人の偉大なプレーヤーは、大坂なおみにも影響を与えている。その大坂が、2021年の全豪オープン女子シングルス準決勝ではセリーナに勝利。試合後には両者がたたえ合い抱擁した姿も記憶に新しい。

姉妹の実父リチャードは、彼女たちが生まれる前にTVで優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見て、「子どもを最高のテニスプレーヤーにしよう!」と決意。テニス未経験にも関わらず、独学でテニスの教育法を研究し、78ページにも及ぶ成功への計画書を作成。誰もが驚く常識破りの“ドリームプラン”を実行した。ギャング蔓延るロサンゼルス郡南部・コンプトン市の公営のテニスコートで、リチャードは途方もない苦難、周りから批判を受けながらも、数々の問題を乗り越え、娘たちを史上最強のプロテニスプレイヤーに育て上げていく。父の指導のもと、ウィリアムズ姉妹がいかにしてその才能を開花させ、世界の頂点へ上りつめたのか。

公開された特報映像では、テニス未経験者の父リチャード(ウィル・スミス)が周りから不可能だと言われながらも、屈することなく娘たちをチャンピオンに育てようと奮闘する姿が映されている。(リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加