多数の遺体、狂気の儀式......高層アパートが地獄絵図 インドネシアホラー『呪餐 悪魔の奴隷』ポスター&特報[ホラー通信]

多数の遺体、狂気の儀式......高層アパートが地獄絵図 インドネシアホラー『呪餐 悪魔の奴隷』ポスター&特報[ホラー通信]

  • ガジェット通信
  • 更新日:2023/01/25
No image

本国インドネシアで国産映画歴代興行収入3位という記録的なヒットを成し遂げたホラー映画『呪餐 悪魔の奴隷』が2月17日より公開。ポスターと特報映像が解禁となった。

高層アパートを舞台に、主人公一家が体験するおぞましい一夜を描く本作。エレベーターの落下で多数の住人が死亡、大嵐による浸水で外には出られず、停電も併発。一家は真っ暗なアパートで多数の遺体とともに夜を過ごすことになってしまう。特報映像では、それらに加えて彼らを襲う更なる恐怖を見ることができる。襲い来る様々な怪現象と、おぞましい狂気の儀式。一体なにが起ころうとしているのか?

本作は、80年代ホラー『夜霧のジョギジョギモンスター』の現代版リメイク『悪魔の奴隷』(17)の続編となっている。

『呪餐 悪魔の奴隷』
2023年2月17日(金)より全国ロードショー
出演:タラ・バスロ、エンディ・アルフィアン、ネイサー・アヌズ、ブロント・パララエ
監督・脚本:ジョコ・アンワル
2022年/インドネシア映画/インドネシア語/119分/シネスコ/5.1ch/字幕:藤本聡/映倫:G
原題:Pengabdi Setan 2: Communion/英題:Satan’s Slaves:Communion/
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

Copyright © 2022 Rapi Films

レイナス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加