落語の繁昌亭「あっという間の15年」 笑福亭仁智さんら記念式典

落語の繁昌亭「あっという間の15年」 笑福亭仁智さんら記念式典

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/09/15
No image

天満天神繁昌亭の15周年記念セレモニーで鏡開きする(左から)月亭遊方さん、盛岡淑郎理事長、寺井種治宮司、笑福亭仁智会長=大阪市北区で2021年9月15日午前11時24分、菱田諭士撮影

上方落語の定席、天満天神繁昌亭(大阪市北区)が15日、開場15周年を迎え、記念セレモニーが開かれた。繁昌亭を運営する上方落語協会の笑福亭仁智会長や地元関係者ら約100人が集まり、鏡開きなどで祝った。

笑福亭松喬さんが語る「笑えない現実」

セレモニーには、大阪天満宮の寺井種治(たねはる)宮司、繁昌亭を所有する「上方落語支援の会」の盛岡淑郎(よしお)理事長らが参加。仁智会長は「あっという間の15年だった。(2006年の開場前は)大阪では漫才や新喜劇が中心で、落語でやっていけるか不安だったが、開けてみれば連日満席。この困難な時代はワンチームで乗り越えたい」とあいさつした。16年の10周年では、人力車が天神橋筋商店街を練り歩き、振る舞い酒などで盛大に祝ったが、今回は新型コロナウイルス禍で規模を縮小。持ち帰り用に1合瓶入りのお酒や紅白まんじゅうを関係者に配った。

繁昌亭は、同協会会長だった桂文枝さんらを中心に、約60年ぶりに復活された上方落語の定席。06年9月15日に開場以来、今年9月12日までに190万6534人が来場した。8月30日~10月3日は「15周年記念特別公演」として、総勢200人以上の落語家が高座に上がるロングラン公演を開催している。【山下智子】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加