巨人・香月の移籍後第1号に金村氏「必死さが...」

巨人・香月の移籍後第1号に金村氏「必死さが...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/04/07
No image

巨人・香月一也 (C) Kyodo News

○ 阪神 6 - 2 巨人 ●
<1回戦・甲子園>

巨人の香月一也が6日、移籍後第1号2ランを放った。

昨年9月に澤村拓一とのトレードで加入した香月は、移籍1年目の昨季は9打数0安打だったが、今季は4月4日に一軍昇格すると、同日のヤクルト戦でレフトへ二塁打を放ち移籍後初安打を放った。

『7番・一塁』で先発出場した6日の阪神戦では、0-6の5回に左中間スタンドへ突き刺す移籍後第1号2ラン。この本塁打にMBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた金村義明氏は、「火の出るような当たりでしたよね」と絶賛。

「がむしゃら。とにかくがむしゃらです。何とかはやめに点を取り返したいなかで、2点返せたのは良かったです。まだまだ頑張ります」と本塁打の談話をアナウンサーから紹介されると、金村氏は「言葉通り、必死さが一軍に上がってからのバッティングが出ていますよ」と評価した。

(提供=MBSベースボールパーク)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加