富士通、ドラレコ映像解析基盤「Digital Twin Analyzer」販売開始

富士通、ドラレコ映像解析基盤「Digital Twin Analyzer」販売開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/16

富士通は2020年9月10日、車載カメラ映像解析プラットフォーム「Digital Twin Analyzer」の販売開始を発表した。自動車から収集したビッグデータの活用を加速させるプラットフォームで、同社における“モビリティデジタルツイン”への取り組みを強化する。

No image

富士通「Digital Twin Analyzer」は、一般的な車載カメラ(ドライブレコーダー)の映像を用いて、車両の挙動や周辺状況を自動解析できる

No image
No image

富士通 Mobilityソリューション事業本部プラットフォーム事業部 シニアディレクターの井上大悟氏、同事業部 マネージャーの大下朋也氏

デジタルツインの情報世界をよりリッチに、車載カメラ映像の解析技術

富士通ではまず2019年10月に、ストリームデータ処理基盤「Digital Twin Utilizer」(旧称:Stream Data Utilizer)の提供を開始している。これは、車両データや天気情報といった刻々と変化する実世界の情報を、リアルタイムにデジタル空間上でデジタルツインとして再現し、分析、予測を行うことができるプラットフォームだ。

No image

Digital Twin Utilizerのイメージ(画像は富士通サイトより)

富士通 Mobilityソリューション事業本部プラットフォーム事業部 シニアディレクターの井上大悟氏は、このプラットフォームを通じて実世界のデータをリアルタイムに分析、加工して企業に提供することができ、そうした富士通の立ち位置は「モビリティサービスアクセラレータ」だと説明する。

「富士通の立ち位置は、コネクテッドカーから集めたデータを活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するために、さまざまな業種をつなぐ『モビリティサービスアクセラレータ』。収集したデータを分析/加工して『価値あるデータ』に変え、それをさまざまな業種の企業に届ける。これにより、モビリティ社会のデジタル化を推進し、“モビリティDX”や“アーバンDX”の実現を支援する」(井上氏)

No image

富士通はモビリティ市場において、デジタルツインの技術を用いて「価値あるデータ」を生成し、さまざまな業種の企業に届ける「モビリティサービスアクセラレータ」を目指す

ここに加わったのが、今回発表されたDigital Twin Analyzerだ。これを利用することで、一般的な車載カメラの映像を自動解析して、車両の周囲に存在する存在する人やクルマなどのオブジェクトを把握し、実世界空間におけるそれらの三次元位置や軌跡(進行方向や速度など)までを推定できる。

両サービスが担う役割の違いについて、井上氏は、さまざまな収集データからサイバー空間にデジタルツインを再現するのがDigital Twin Utilizerで、クルマの車載カメラから周囲の情報を解析し、デジタルツインをより充実/拡張させるのがDigital Twin Analyzerだと説明する。

「これまではコネクテッドカーからアップデートされるクルマ自身の位置や速度といった情報(センサーデータ)を活用し、分析や管理に生かしてきた。ここに車載カメラ映像という情報を加えることで、クルマの周囲がどういう状況であるのかもわかるようになる。扱う情報がリッチになり、モビリティサービスの幅を広げることができるようになる」(井上氏)

No image

従来のデジタルツインに車載カメラ映像を解析した情報が加わることで、提供できるモビリティサービスの幅が広がると説明した

また同事業部 マネージャーの大下朋也氏は、車載カメラ映像に画像認識技術して得られる情報だけでは活用範囲も限定的だったが、Digital Twin Analyzerでは空間内での位置や軌跡まで正確に把握/分析できるため「価値のあるデータ」となり、活用の幅も広がると語った。たとえば「人が10人いる」だけでなく、「まとまって10人いる」「バラバラに10人いる」といったことが解析できることで、情報としての価値は高まると説明する。

ドライブレコーダー映像から位置や移動量などを高精度に推定する独自技術

Digital Twin Analyzerの技術を詳しく見ておこう。ここでは、富士通研究所が開発した「AI画像認識技術」と、自車や周辺にある物体の「高精度三次元位置推定技術」を使って車載カメラ映像を解析することで、周囲状況の時間による変化の把握、カメラ(つまり自車)の移動量や静止物/移動物の三次元位置推定などを実現している。

No image
No image

富士通研究所が開発した「AI画像認識技術」と「高精度三次元位置推定技術」の概要

こうしたデータをモビリティデジタルツインの世界に取り込むことで、歩行者や車両、道路、白線、信号機、建物といったものの位置情報や軌跡情報を高精度に推定できるようになり、車両状態や交通状況のリアルタイムな分析、予測が可能になる。

「乗用車やバス、トラックといった車両の種別、横断歩道やセンターラインといった白線の種別などの詳細な属性まで認識できる。また、信号機などの変化するオブジェクトについては、トラッキングすることで時間による変化(信号の色など)を検知し、記録することが可能になる。さらに領域認識技術などと組み合わせることで、歩道や交差点といった領域の解析もできる」(大下氏)

もうひとつ、車載カメラの種類や設置条件が限定されず、市販のドライブレコーダー映像でも高精度な推定ができる点も大きな特徴だ。高精度三次元位置推定技術では、カメラの位置や高さ、向き、移動量を自動的に推定できる。

「ドライブレコーダーは急速な勢いで普及しており、コネクテッドカーも増加中だ。これらによって、日本全国だけでなく世界各国からの情報収集が可能になる。通常、クルマの加減速や振動などの影響もあるなかで正確な位置情報を推定するのは難しいが、Digital Twin Analyzerでは独自技術の活用によって、専用機材の導入、特定位置への取り付け、パラメータの調整といったものを不要としている」(大下氏)

さらにプラットフォームとして、その他のAI画像認識エンジンや、データを価値に変換するための各種解析ロジックを容易に組み合わせたり、変更したりできる点も特徴だ。これにより、顧客ニーズに応じた解析とデータ提供が可能となり、幅広い業種サービスへの活用を可能にしている。

国内自動車保険サービスで導入、そのほかの業界での活用も見通す

具体的なユースケースも紹介された。たとえば自動車保険サービスを提供する損害保険会社では、事故発生時の車載カメラ映像を用いて、自車の進行軌跡や信号の色変化、横断歩道の有無といった事故状況を自動解析できるようになる。これにより、効率的な事故対応が可能になる。

あいおいニッセイ同和損保では、「テレマティクス損害サービスシステム」としてテレマティクス情報の可視化と事故検知の高度化を実現している。同社は2020年9月より、同サービスにDigital Twin Analyzerを活用し、車載カメラ映像から自車両および事故相手車両の運転挙動を解析し、事故状況の把握に役立てているという。

「Digital Twin Analyzerによって、これまで映像だけでは正確に推定できなかった自車や相手車両の速度まで、高い精度で推定でき、損害サービス業務の効率化と高度化に貢献できる。この技術を実現しているのは富士通だけだ」(大下氏)

No image

あいおいニッセイ同和損保「テレマティクス損害サービスシステム」における活用事例。事故発生時の車載カメラ映像を解析することで、自車と相手車両の挙動を正確に再現して事故状況を把握できる

そのほかにも、たとえば高速道路の管理会社であれば、車載カメラ映像から事故発生や障害物落下といった道路上で起きているイベントを正確な位置情報とともに自動検知し、レーン別通行規制などの細かな交通管制に役立てられる。情報提供サービス会社では、車載カメラ映像から、街中にある建物や店舗の入れ替わりなど実世界の変化を検知して、個人の嗜好に合わせた情報を地図上に表示するサービスを提供できるようになる。ドライバー向けに、急発進や急ブレーキ、急ハンドルといった危険な運転操作を把握して、安全運転指導に利用するといったことも想定しているという。

Digital Twin Analyzerは、クラウドまたはオンプレミス環境に展開できる。自車の位置や速度、周囲の車両、標識、建物の三次元位置といった、車載カメラ映像から解析可能なデータを提供する「基本機能サービス」は、月額500万円から(税抜)。そのほか要件定義の支援、利用環境のセットアップ、サポート、カスタマイズ、バージョンアップなどの各種サービス(いずれも個別見積)も富士通から提供する。

9月25日から国内提供を開始し、2021年2月からは北米や欧州も含むグローバルでの展開を予定している。

■関連サイト

富士通「Digital Twin Analyzer」紹介サイト

大河原克行 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加