ちゃんみなの脳内を覗き見できる? 展示イベント『ハレンチ展』で辿るクリエイティブの軌跡

ちゃんみなの脳内を覗き見できる? 展示イベント『ハレンチ展』で辿るクリエイティブの軌跡

  • Real Sound
  • 更新日:2021/10/14
No image

ちゃんみな 『ハレンチ展』場内

ちゃんみなが、3rdフルアルバム『ハレンチ』(10月13日発売)と、日本武道館公演(10月15日開催)を記念して、10月13日から17日にかけて、東京・渋谷PARCOギャラリースペース「no-ma」にて『ハレンチ展』を開催している。

(関連:【画像】ハレンチステッカー

同展示会では、 2018年から開催されているワンマンライブシリーズ『THE PRINCESS PROJECT』の歴代ライブ衣装やライブ写真が展示。同シリーズの軌跡を辿ることができる。会場はアルバム『ハレンチ』のアートワークのような“ピンク”を基調とし、より深く”ハレンチの世界“に浸れるよう来場者には“ピンク”の簡単なドレスコードも設けられている。その他、アートワークを疑似体験できるフォトスポットも用意されるなど、見て体験して楽しめる催しとなっている。

会場に足を踏み入れると、場内はピンクのネオンに包まれ、天井にはアルバム『ハレンチ』通常盤のジャケットにも印象的に使われている傘が数多くぶら下がっている。現実と切り離されたアーティスティックな空間は、来場者を一瞬にしてちゃんみなワールドへと誘うだろう。

まずは6体の衣装が並んでおり、入口手前から5体は『THE PRINCESS PROJECT』の歴代ライブ衣装を開催順に展示。細部まで手の込んだ衣装を間近で見られる貴重な機会となる。そして6体目は、「ハレンチ」のMVで着用した、実際のゴミ袋を用いて製作されたドレスを展示。“恥を恥と思わないさま”という「ハレンチ」が持つ言葉の意味を体現した、インパクトの強い衣装だ。

正面奥にあるフェンスの向こう側には、ちゃんみなからのメッセージが映しだされるフォトブースや、『ハレンチ』初回盤ジャケットが再現できるフォトブースも設置。来場者がちゃんみな気分を楽しめるコーナーとなっている。

左手奥の壁側にはまだ何も飾られていないスペースがあり、ここには10月15日に開催する日本武道館公演『THE PRINCESS PROJECT – FINAL -』後に、同公演で使用された何かが展示されるという。また、ライブ当日の写真も追加されるため、『THE PRINCESS PROJECT – FINAL -』の余韻を味わえる空間が新たに出来上がるのではないだろうか。その隣りに目を向けると、ちゃんみなが『ハレンチ展』開催日の前日に完成させたという描き下ろしの油絵や、過去に書いた絵画作品が展示されている。ちゃんみなはコロナ禍の中で絵に取り組むようになったというが、こういった形で見られるのは初めてのことで、改めて彼女の多才ぶりが堪能できるはずだ。

その隣には、たくさんの『ハレンチ展』ステッカーが並ぶ壁があり、これがピールオフになっていて、めくるとメッセージが書けるようになっている。ちゃんみなへのメッセージを書き、ピールオフしたステッカーは来場者プレゼントとなる。10月14日に誕生日を迎えたちゃんみなに、お祝いのメッセージを書くのも良いし、日本武道館公演の感想なども本人に届けることができるため、来場した際にはメッセージを残していきたい。

また入口にはグッズ販売エリアも設置されており、展覧会の内装で印象的な傘など、ここでしか買えないオリジナルグッズも多数販売。『ハレンチ』と『THE PRINCESS PROJECT – FINAL -』日本武道館公演の2つを大きな軸とした『ハレンチ展』。ちゃんみなの頭の中を覗いているような、クリエイティブな空間が体感できる。日本武道館公演前に予習としてこれまでのアートワークを体験し、ライブ後の熱量をそのままに、後夜祭気分で『ハレンチ展』を見るのも楽しいはず。そして、残された空白のスペースに何が飾られるのか、ぜひその目で確かめてもらいたい。

本 手

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加