マーヴェリック実在?『トップガン』の低空飛行をリアルにやっていた飛行士の“伝説”

マーヴェリック実在?『トップガン』の低空飛行をリアルにやっていた飛行士の“伝説”

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2023/01/25

フェイク画像と噂の絶えないホンモノ写真

1986(昭和61)年に公開された映画『トップガン』は映画史に残る空前の大ヒット作品となり、同時にアメリカ海軍の戦闘機パイロット(厳密には海軍飛行士「Naval Aviator」)と、劇中に登場した戦闘機F-14「トムキャット」の存在を世間に広めました。その描写は、現実世界における運用をリアルに反映したものではありませんでしたが、それでも俳優トム・クルーズ演じる主人公「マーヴェリック」が操縦して縦横無尽に飛び回るF-14の姿は、見た人すべてに強烈なインパクトを植え付けたことは間違いないでしょう。

No image

アメリカ海軍のF-14「トムキャット」戦闘機(画像:アメリカ海軍)。

劇中、マーヴェリックらが操るF-14「トムキャット」の飛行シーンで、管制塔や空母の艦橋上空を低空で高速飛行させて人々を驚かせるシーンがあります。その衝撃で艦内にいる管制官やエアボス(空母の航空部門のトップ)が飲んでいるコーヒーを吹いてシャツを汚してしまい、マーヴェリックに酷い悪態をつくというものです。このシーンのオマージュは、続編である『トップガン マーヴェリック』でも見ることができます。

「こんな低空飛行は現実にあり得ない」と思いながらも、マーヴェリックのキャラクター性とコミカルともいえる演出を視聴者は楽しんだのではないでしょうか。しかし、あのような低空飛行を現実にF-14「トムキャット」で行った海軍飛行士が存在するのです。

F-14についての書籍や、インターネットで画像検索すると必ず出てくる1枚の有名な写真があります。それは空母の飛行甲板上から撮影されたもので、手前には飛行甲板と左舷後方にあるLOS(着艦信号士官)プラットフォームとフライトデッキクルー(甲板作業員)が映っており、その奥に機体を横転させたF-14が機体背面をこちらへ向けてスレスレで飛んでいるというものです。

映画『トップガン』のマーヴェリックでさえ、フィクション世界でももう少し高く飛んでいたことなどから、その非現実的な構図ゆえ、いまだに「グラフィックソフトを使ったフェイク画像」といった噂が絶えない写真です。しかし、この写真は本物であり、操縦していたパイロットや撮影された時期もしっかりと判明しています。

海軍のみならずメーカーにも表彰された名パイロット

パイロットの名は、当時現役の海軍飛行士デイル・スノッドグラス氏(コールサインはスノート)で、噂の写真は1988(昭和63)年に空母「アメリカ」(CV-66)で撮影されました。そのとき空母「アメリカ」は任務についておらず、乗員の家族や関係者を載せた慰問航海、いわゆるファミリークルーズを実施している最中でした。

No image

1988年に空母「アメリカ」のファミリークルーズで見せたF-14「トムキャット」の超低空飛行。このとき操縦していたのが、デイル・スノッドグラス氏(画像:アメリカ国立航空宇宙博物館)。

異例の低空飛行は、そのファミリークルーズでの海上エアショーで行われたもの。スノッドグラス氏の操縦するトムキャットは、空母の飛行甲板よりも低い超低空をアフターバーナーに点火して330ノット(約611km/h)で通過しながら空母の左舷側を85度のバンク角度を付けて上昇しながら通過したそうです。本人いわく、空母と機体の距離は100フィート(約30m)程度あったらしく、写真はカメラの望遠レンズの圧縮効果で実際よりも近く見えるように撮影されているとのこと。

写真を見た限り、スノッドグラス氏の飛行は劇中のマーヴェリックのように無鉄砲なスタントプレイとも思えます。しかし、実際は綿密に練られた計画と予行準備(この写真自体が予行に撮影されたとも言われている)を経て、当時の所属する飛行隊の許可を受けて実施されたものでした。

現役時代のスノッドグラス氏は、海軍パイロットとしては非常に有名な存在でした。1970年代には本物の「トップガン(海軍兵器学校)」の教官を務めており、1985(昭和60)年にはアメリカ海軍の「パイロット・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたほど。

さらに翌1986(昭和61)年には、機体メーカーのグラマン社(現ノースロップ・グラマン)が選出するF-14パイロットの年間最優秀賞「トップ・キャット」も受賞しており、そういった優秀性からエアショーでF-14の飛行を担当するデモパイロットにも指名されていました。

軍退役後も元気だった「生ける伝説」

実際、この低空飛行もスタント的な一回限りのことではなく、海上エアショーなどでスノッドグラス氏のレギュラーメニューとして定期的に実施されていたといいます。スノッドグラス氏はその後も、飛行隊長などとしてF-14「トムキャット」に関わり続け、1999(平成11)年に退役するまでにF-14「トムキャット」での総飛行時間は約4800時間を記録しています。なお、この数字はアメリカ海軍のトムキャットパイロットの中で最長の記録になるそうです。

No image

非常に有名なこのF-14写真は当時の海軍カメラマン、ショーン・ダン氏によって撮影された。左はドラケン・インターナショナル在籍時のスノッドグラス氏(布留川 司撮影)。

スノッドグラス氏は海軍を退役した後も、飛行機とかかわり続け、民間エアショーパイロットとして、F-86「セイバー」やP-51「マスタング」、F4U「コルセア」といった戦闘機から、T-33「シューティングスター」ジェット練習機、さらには旧ソ連製のMiG-17戦闘機などの操縦資格を取得。往時の「トムキャット」みたいな低空飛行をエアショーで再現して北米のエアショー業界でも有名人となっています。

2011(平成23)年には民間軍事請負企業「ドラケン・インターナショナル」の設立にも関わり、同社のチーフパイロットとして軍相手のアグレッサー業務にも従事。「ドラケン・インターナショナル」が所有するTA-4K「スカイホーク」(複座型)が州空軍のF-16「ファイティング・ファルコン」相手に初めての撃墜(訓練での擬似的なもの)を記録した際には、その後席にスノッドグラス氏が乗っていたとか。

残念ながらスノッドグラス氏は2021年7月24日、永い眠りにつきましたが、前出の空母「アメリカ」でのファミリークルーズにおける超低空飛行の写真とそれに付随するエピソードは、氏ならびにF-14「トムキャット」の伝説を後世に伝えるものとして、末永く語り継がれることは間違いないでしょう。

【動画】地面スレッスレ! 伝説のパイロットが見せる超低空アクロ飛行

布留川 司(ルポライター・カメラマン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加