「最良で唯一の選択肢」角田裕毅のアルファタウリ残留を専門メディアが評価! 本人は今季に集中!! 楽しみな日本GPに複雑な気持ちも!?

「最良で唯一の選択肢」角田裕毅のアルファタウリ残留を専門メディアが評価! 本人は今季に集中!! 楽しみな日本GPに複雑な気持ちも!?

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/09/23
No image

F1のスクーデリア・アルファタウリが、所属ドライバーである角田裕毅の残留を発表。22歳の日本人は、このイタリア・ファエンツァのチームで3シーズン目を迎えることとなった。

【動画】「電光石火の速さ」と表現するメディアも! 角田裕毅が予選でスーパーラップを叩き出す!
自身の去就について、彼は「来季も仕事を続けたいですが、それはバックグラウンドで起きていること次第です」と語る一方で、「残れない理由はあまりないと思っています」、あるいは「残れないとしたら、驚きです」と自信を垣間見せており、またレッドブルやアルファタウリの首脳陣も角田への信頼を示すコメントを残していたことで、残留の可能性が極めて高いと見られていたが、ようやく正式決定と相成った。

2023年も引き続きアルファタウリの車を駆ることとなった角田は、チームの公式サイトを通して、以下のように声明を発している。

「最初に、F1でドライブを続けるチャンスを与えてくれたレッドブル、ホンダ、アルファタウリに深く感謝します。ファクトリーの近くで暮らすために昨年イタリアへ移住した後は、チームの一員になれた実感が得られているので、2023年も彼らと一緒にレースができることを嬉しく思います。もちろん、今季はまだ終わっていませんし、中団争いで努力を重ねているところですので、今は少しでも上位でシーズンを終えることに集中しています。その次に来季へ目を向けていきます」

また、アルファタウリのフランツ・トスト代表は、角田を「2021年から見てきた通り、ユウキは非常に才能豊かなドライバーであり、今季はさらなる成長を遂げている。最近の彼のペースはその証で、ユウキにはF1のシートが相応しいことを示しているし、残り6戦でも力強い結果を残してくれることを期待している」と改めて称賛するとともに、彼の残留に対して喜びを表わした。

「以前から言っている通り、ドライバーがF1に完全に慣れるまでには最低でも3年が必要であり、今回の残留決定でユウキが真のポテンシャルを示す時間を得られたことを嬉しく思う。さらに言えば、今回の残留決定は、才能ある若手ドライバーをジュニアカテゴリーから育成しているヘルムート・マルコ(レッドブル)顧問と、彼のドライバープログラムの正しさの証明でもある。最後に、ユウキとともに私からも、継続的なサポートと、彼にもう1年残れるチャンスを与えてくれたレッドブルとホンダに感謝の意を表する」
この残留決定については、国内外の多くのメディアが報じており、イタリアのスポーツ紙『Gazzetta dello Sport』は「日本人ドライバーはトスト率いるレッドブルの姉妹チームで3シーズン目を迎える。今季、11ポイントでチャンピオンシップ16位に止まっている彼に自信を与える決定だ」と報じ、英国公共放送『BBC』は「22歳のドライバーは、チームメイトのピエール・ガスリーと比べても、シートを維持するのに十分な成績を収めている」と綴っている。
フランスのモータースポーツ専門サイト『AUTO hebdo』は「2度あることは3度ある。角田は今でも、イタリアのチームの信頼を保っている」と表現し、イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は「今季もアップダウンがあり、大きなミスも幾つかあったものの、ファエンツァのチームは日本人ドライバーを選んだ。彼は来季、昨季と今季以上のパフォーマンスを見せて、進歩を遂げなければならない」と、さっそく課題を挙げた。

また、英国のモータースポーツ専門サイト『THE RACE』は、角田が残留した理由を検証。彼が現時点で、レッドブルの育成システムにおいて最後の成功例であるとし、現在のジュニアチームに角田を差し置いてシートを得るに相応しい人材がいないと指摘して、「レッドブルは角田に固執している。それが最良の選択であり、また以前よりもはるかに競争が激しい市場にありながら、彼が唯一の選択肢だからだ」と綴っている。

こうして、ようやく去就が落ち着いた角田。これで今季の残りのレースにはより集中して臨めるだろう。奇しくも先日、スポーツ専門サイト『GIVE ME SPORT』のインタビューに応えており、F1ドライバーとして初めて迎える日本GPについては「鈴鹿でのレースには、とても興奮しており、すでに特別なヘルメットを準備しています。ただ、鈴鹿ではたくさんのプロモーションが行なわれると聞いていて、少し複雑な気持ちです」とコメント。正直な心情も吐露しているところが、彼らしい。
さらに角田は日本GPについて、「少なくとも、日本食を楽しむことができ、日本のファンの前でF1マシンをドライブすることは、間違いなく僕にとって特別なことです。待ちきれないし、日本で(コロナ対策のための)制限が極端に厳しくならないことを願っています」とも語り、今季残りのシーズンにも次のように言及している。
「現実的には、次のレースで大きなアップデートが導入されなければ、目標としていたコンストラクターズランキングで5位を達成することは不可能です。7位がいいところでしょう。昨季のような素晴らしいシーズンになるとは思いませんし、1レースで状況が変わるとは思いません。でも、来季のためにも、今季は重要です。だから、我々はなんでも挑戦し続け、車について可能な限り理解して、来季、良いスタートを切れればと思います」

「少なくとも(残り6戦中の)4レースでは、クリーンなレースウィークにできれば思っています。我々は現在、困難な時期に直面していますが、同時にこれは、チーム全体を改善する良い機会です。レースが終わった後、笑顔でいたいなと思います!」

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】予選Q1で3位の驚速ラップ! 角田裕毅、予期せぬQ3進出に「ビッグサプライズ」と本音! 「彼に才能があるのは間違いない」と専門サイトも称賛

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」「歴史に刻まれる」

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加