【NPBアワード】西武高木渉がイースタン本塁打王 マーティン参考に手応え、来季1軍定着狙う

【NPBアワード】西武高木渉がイースタン本塁打王 マーティン参考に手応え、来季1軍定着狙う

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/11/25
No image

高木渉(2022年3月11日撮影)

<NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD>◇25日

イースタン・リーグの本塁打王に輝いた西武高木渉外野手(22)が1軍での飛躍を誓った。

15本塁打をマーク。ロッテに所属していたマーティンの打撃フォームを参考にし、手応えをつかんだ。バットの構え方、軌道など「よくなった」。飛躍の糸口を見つけた。

2軍ではポテンシャルの高さを示したが、1軍では36打数4安打の打率1割1分1厘と苦しんだ。「球場の雰囲気にのまれることが多かった。メンタルも重要」と受けとめる。来季こそ1軍定着に向けて、本職の外野だけでなく一塁守備にも挑戦する。「打たないといけないですし、守れないといけない。1つ1つ丁寧にこなしていきたい」。今季の自信の課題を糧に、来季は上の舞台での活躍を思い描いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加