一問一答 ロッテ・佐々木朗希、宮城との同学年対決に「負けられない試合だった」

一問一答 ロッテ・佐々木朗希、宮城との同学年対決に「負けられない試合だった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

ヒーローとなり「M9」と書かれた色紙をもってポーズをとるロッテ・佐々木朗希=京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)

(パ・リーグ、オリックス1-6ロッテ、最終戦、10勝10敗5分、14日、京セラ)2位・ロッテが首位・オリックスに快勝し、16年ぶりの優勝へのマジックナンバー「9」が初点灯した。ロッテに優勝マジックが点灯するのは前後期制を除くと、51年ぶり。先発の佐々木朗希投手(19)が6回を投げ8奪三振を奪うなど5安打無失点で3勝目を挙げた。試合後にインタビューに応じた佐々木朗の一問一答は以下の通り。

――大事なゲーム、初めて中6日で任された。どんな思いだった

「負けられない試合だったので、早い回で野手のみなさんが点を取ってくれて、思い切って投げることができました」

――(オリックス・宮城と)同級生対決だった

「個人としても、チームとしても負けられない試合だったので勝つことができて良かったです」

――今日は素晴らしい投球だった

「調子自体はあまり良くなかったんですけど、早い回で点を取ってもらえて思い切って投げられて良かったです」

――158キロを連発。感覚は

「コントロールがあまりよくなかったので、どうにか球威で抑えることができて良かったです」

――先輩たちから「朗希が投げているから追加点を」というコメントがすごく多かった

「ありがとうございます」

――強い気持ちが表れた試合となりましたが、今どんなことを感じながらプレーしてますか

「ほんとに大事な試合を任せられているので、その期待に応えられるように頑張ってます」

――マジック9が点灯。次に向けて意気込みを

「明日以降もたくさん点を取ってくれると思うので、明日も勝ってくれると思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加