前日本王者の佐川遼、小坂烈に8回TKO勝ち 再起とリベンジ果たす/ボクシング

前日本王者の佐川遼、小坂烈に8回TKO勝ち 再起とリベンジ果たす/ボクシング

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14

プロボクシングの58キロ契約8回戦が14日、東京・後楽園ホールで行われた。前日本フェザー級王者で同級5位の佐川遼(27)=三迫=が、小坂烈(23)=SUN-RISE=に8回1分23秒TKO勝ち。2月の3度目の防衛戦で、丸田陽七太(森岡)に7回TKO負けして以来の再起戦を勝利で飾った。当初は8月12日に行われる予定だったが、佐川の体調不良で延期となっていた。

前日本王者がリベンジを果たし、再出発した。

「前半は危ないポイントも少しあったが、後半からは自分のペースで試合を進められた」

前半は左ジャブや左フックから右ストレートにつなげたが、距離が少し近くなり、被弾のリスクがあった。セコンドの加藤健太チーフトレーナー(35)の「距離が半歩近い」という指示もあり、5回からは距離感良く闘った。最終8回に左フックからの右ストレートがヒットし、小坂が右膝をがくっと落としたところで、レフェリーが小坂を抱え試合を止めた。

No image

佐川遼(右)と小坂烈が激しく打ち合った=後楽園ホール(撮影・土谷創造)

両者は2017年5月に日本ユース同級王座決定トーナメント準決勝で対戦し、小坂が2回TKO勝ちした。佐川は「再起とリベンジ。大きな一歩というか再出発になる。タイトル戦線に復活できるようにチャンスがくるまで勝ち続けたい」。

右ストレートだよりから脱却し、左フックや左ボディーに手応えをつかんだ。今後はフェザー級とスーパーフェザー級の両にらみで、王座返り咲きのチャンスを待つ。

No image

リベンジを果たした佐川遼=後楽園ホール(撮影・土谷創造)

プロ戦績は佐川が13戦11勝(6KO)2敗、小坂が16戦9勝(4KO)7敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加