『ククルス・ドアンの島』総作画監督に求められたガンダムファンの目線

『ククルス・ドアンの島』総作画監督に求められたガンダムファンの目線

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2022/06/24
No image

現在公開中の安彦良和監督作『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、ガンダムシリーズの原点であるテレビアニメ『機動戦士ガンダム』、そのシリーズ中でも異彩を放つ第15話『ククルス・ドアンの島』を完全映画化。『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経てRX-78-02 ガンダムとアムロ、そしてお馴染みのホワイトベースの仲間たちが登場する物語が展開されていく。

本作の大きな見所のひとつは、安彦良和が手掛けたキャラクターデザインと演出を受け止め、ハイクオリティに仕上げられた作画表現。今回は本作の総作画監督を務めた田村篤にインタビューを敢行、前編は田村氏の安彦作品への思い、実際の作業と新人アニメーターとの関わりなどについてお話を伺った(全2回)。

>>>安彦キャラとMSアクションに痺れる!『ククルス・ドアンの島』名場面を見る(写真8点)

――田村さんは、これまでガンダムシリーズや安彦良和監督の作品にどのように触れてこられたのでしょうか?

田村 80年代の土曜夕方に放送されていたサンライズ作品ほか、たくさんのアニメに夢中になっていた世代なのですが、中でも僕は安彦さんの描かれる絵に惹かれて『機動戦士ガンダム』『巨神ゴーグ』『クラッシャージョウ』『アリオン』なんかを熱心に観ていました。そのまま安彦作品を卒業することなく、今に至っているという感じですね。

――そのように憧れていた安彦さんと一緒にお仕事をするということは、やはり感慨深いものでしたか。

田村 そうですね。これまで宮崎駿監督、高畑勲監督、富野由悠季監督、庵野秀明監督、新海誠監督ともお仕事をさせていただきましたが、そうしたキャリアの流れに安彦監督とのお仕事が加わるというのは、やはりとても感慨深いです。

――OVA『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』では作画監督・原画として参加され、それに続く形で『ククルス・ドアンの島』にも関わられたわけですが、作業状況はどのようなものでしたか。

田村 安彦さんの指示の下、ひとつの作品を作ることは大変ではありましたが、同時にとても楽しめました。僕のキャリアの中でも希有な、とてもいい仕事をさせていただいたという思いがあります。

ただ今回はコロナ禍の影響で、ほとんどのスタッフが自宅作業になって、リモート会議を重ねながら作っていくというスタイルだったので、あまり現場感がないまま終わってしまったという印象ですね。ひとつのスタジオに集まってみんなで作り上げたという実感が無く、そこが唯一残念なところです。

――劇場用作品ということで、改めて安彦さんと打ち合わせなどされましたか。

田村 映画だからどうこうしよう、という話は特にしていないですね。大きな流れとしては『THE ORIGIN』からあまり変えておらず、CGの在り方であったり背景美術をアナログで描くなど、多少の方向修正を新たにやったという感じでした。

No image

――今回は総作画監督ということで、心構えも違って来たのではないかと思うのですが。

田村 どの作品も大変ですが、今回は特にそう感じましたね。まず作業の中で安彦さんのお眼鏡にかなった絵にできているのか、自分の描いた絵に満足することができるのかという不安がありました。さらにスタッフ全体を安彦さんのレベルについていけるようにすること、最終的に自分がいろいろ判断しなければならないことは正直プレッシャーになりましたね。ただ、それを深刻に考えると作業ができなくなるので、できるだけ無心で取り組んでいきました。

――絵コンテで安彦監督の求める映像イメージがクリアに提示されていることもあって、そのイメージ以上のクオリティで上げなければならないという思いもあったのではないでしょうか。

田村 それはありますね。ただ、安彦さんが描かれた絵コンテのイメージがあるからこそ頑張れる部分もありましたし、多くのスタッフはそれを意欲的に捉えて挑んでくださったので、その思いは画面に出ているかなと思います。

(C)創通・サンライズ

――さらに今作で田村さんは、新人の原画スタッフを指導する役割も務めていらしたというお話も伺いました。

田村 元々僕は、新海誠さんのスタジオの新人スタッフの面倒を見ることになっていたんです。今回はいい機会なので、その子たちに『ククルス・ドアンの島』で勉強してもらったという形になりました。

現場に慣れてくるとどうしても手の抜き方を覚えていくんですが、まだそれを知らない荒削りだけど一生懸命描いている新人の原画、僕は好きなんです。特に今作はたくさんの子供たちが生き生きと暮らす様子が描かれるので、そこでがむしゃらなパワーを直さず、そのまま活かすことができないか……そんなことを考えながら取り組んでいました。

そこは安彦さんもよく判っていて、そういう絵が手元に来ると喜んでくれるんですよ。キャラが似ている、似ていないという段階ではなく、キャラクターの気持ちをすごく考えて一生懸命描いたものはちゃんと通してくれて、そのまま画面になっています。彼らが今しか描けないものを、作品のエネルギーとして入れ込めたのは良かったかなと思います。

――今回の経験を元に自分の持ち味を理解すれば、その後には作画する上で武器になる可能性もありますね。

田村 そうですね、そういう意味でも『ククルス・ドアンの島』は絵柄的にはガチガチでなく、多少フワっとしているところがあるので、新人が描く緩さみたいなものが入れやすいモチーフであったから、今回のような取り組みができたと思います。実際、完成映像の大きなパワーになっていると思います。この経験を基にして、これから彼らに伸びていってもらいたいと思っています。

――演出面を任されていた副監督のイム ガヒさんとの共同作業になったと思われますが、その中で印象に残っていることはありますか。

田村 具体的なカット内容に関してのやり取りは、かなり頻繁にしていました。イムさんは子供たちの賑やかな食事の場面、またサザンクロス隊が初登場する市街地での戦闘シーンなどのコンテを担当されているんですが、子供たちの心遣いが伝わるドラマや、ダイナミックなロボットアニメの戦闘シーンも演出できて、本当に素晴らしいなと思いましたね。

――作画側からイムさんの演出に対して、「こうしたらどうか」という提案などもされたことはあったのでしょうか。

田村 僕の役割は「古いガンダムファン」としての目線だと思ってキャラクター……特にホワイトベースのクルーたちに関して、「こういうお芝居をした方が彼らしさが出るかもしれない」みたいな細かいアドバイスは何度かしたことがありますね。

No image

――リアルタイム世代と後追い世代の間にある作品解釈の違いを調整する、みたいな感じでしょうか。

田村 そうですね、あと「昔はどうなっていたのか」みたいな質問は受けました。例えば「モビルスーツのコックピット内で、パイロット同士が通信をする際にはどこのモニターを見ているのか」「ガンダムってどうやって操縦するんですか?」みたいなことを聞かれて「それは、誰も知らないですよ」って伝えたら「ええっ、決まってないんですか?」ってすごく驚いていました(笑)。

――そういう意味でも、スタッフは『THE ORIGIN』に比べて全体的に若返った感じがありますね。

田村 そういう部分が、イムさんの持ち味として作品に良い刺激を与えてくれていると思います。エンドクレジットで安彦さんが描いたフワっとした色調のイラストが使われているんですが、あれはイムさんの発案でした。イムさんは最初から「バトルシーンだけで惹くのではなく、ある種の感動を見つけながら観られる雰囲気に」「カップルがデートムービーで観られるガンダムにしたい」と言っていたんですよ。僕らだけだと、おそらくそういう発想は出なかったと思います。

(後編に続く)

(C)創通・サンライズ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加