秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/09/15
No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

ニンティ(林芝)市を流れるヤルンツァンポ川のほとりに咲き誇る花々。(8月30日撮影、ラサ=新華社記者/沈虹氷)

【新華社ラサ9月15日】秋を迎えた中国西蔵(シーザン)自治区には、訪れた人たちを魅了する色鮮やかな風景が広がっている。

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

3日、ラサ・マルポリ(紅山)の丘の上にそびえるポタラ宮。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

3日、ラサのマルポリ(紅山)の丘の上にそびえるポタラ宮。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

3日、ラサ市にある旧歴代ダライ・ラマの夏の離宮ノルブリンカの一角。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

3日、ラサ市にある旧歴代ダライ・ラマの夏の離宮ノルブリンカに咲き誇る花々。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

3日、ラサ市の宗角禄康公園に広がる風景。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

11日、拉魯湿地から眺めたポタラ宮。ラサ市の中心市街地の北西に位置する拉魯湿地国家級自然保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから 「ラサの肺」と呼ばれている。(ラサ=新華社記者/田金文)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

11日、拉魯湿地から眺めたポタラ宮。ラサ市の中心市街地の北西に位置する拉魯湿地国家級自然保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから 「ラサの肺」と呼ばれている。(ラサ=新華社記者/田金文)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

11日、拉魯湿地の風景。ラサ市の中心市街地の北西に位置する拉魯湿地国家級自然保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから 「ラサの肺」と呼ばれている。(ラサ=新華社記者/田金文)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

11日、拉魯湿地に咲き誇る花々。ラサ市の中心市街地の北西に位置する拉魯湿地国家級自然保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから 「ラサの肺」と呼ばれている。(ラサ=新華社記者/田金文)

No image

秋到来 鮮やかな風景広がる西蔵自治区

11日、拉魯湿地の水面に降り立つ水鳥。ラサ市の中心市街地の北西に位置する拉魯湿地国家級自然保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから 「ラサの肺」と呼ばれている。(ラサ=新華社記者/田金文)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加