照ノ富士 遠藤に寄られるも連敗はなし 御嶽海7連勝で単独トップ

照ノ富士 遠藤に寄られるも連敗はなし 御嶽海7連勝で単独トップ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/01/15
No image

遠藤(右)を寄り切りで下した照ノ富士(撮影・西岡正)

「大相撲初場所・7日目」(15日、両国国技館)

前日に初黒星を喫していた横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は遠藤(追手風)を退けて連敗は免れた。

照ノ富士は相手に先に寄られたが、体勢を立て直して勝負を決めた。

関脇御嶽海(出羽海)は、玉鷲(片男波)が押して出てくるのを受け止め、相手が呼び込んだのに乗じて押し出し、優勝争いの単独トップに立った。

平幕の阿炎(錣山)は阿武咲(阿武松)に突き落とされて今場所初黒星を喫した。

苦しんでいる大関正代(時津風)はベテランの隠岐の海(八角)にガッチリとまわしをとられ、寄り切られた。これで、3勝4敗と黒星が先行した。隠岐の海は2勝目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加