【巨人】江本氏、ソフトB・周東に盗塁を許した場面に「ピッチャーの...」

【巨人】江本氏、ソフトB・周東に盗塁を許した場面に「ピッチャーの...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

ソフトバンクの周東=ペイペイドーム

SMBC日本シリーズ2020・第1戦
● 巨人 1 - 5 ソフトバンク ○
<11月21日・京セラD大阪>

巨人は、パ・リーグ盗塁王の周東佑京に盗塁を許してしまった。

巨人のエース・菅野智之は3打席周東を抑え込んでいたが、0-4の8回から3番手でマウンドにあがった高橋優貴が四球を与えてしまう。周東に走られたくない高橋は一塁へ牽制するも、2ボール2ストライクから6球目、完全に投球モーションを盗まれ盗塁を決められてしまった。

21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-ソフトバンク 日本シリーズ第1戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「今のでもピッチャーが我慢できなかった。今のところで長くもっていればアウトにできた。ピッチャーの根負けした。散々牽制を投げている時に、タイミングを見られてしまっている」とコメント。

高橋は続く中村晃に適時打を打たれた。江本氏は「今のは速いランナーで、得点する典型的なパターン」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加