塙保己一200回忌で墓前祭 埼玉県本庄市〔地域〕

塙保己一200回忌で墓前祭 埼玉県本庄市〔地域〕

  • 時事通信社
  • 更新日:2020/09/17
No image

神仏習合の形で行われた墓前祭=12日午前、埼玉県本庄市

江戸時代に活躍した盲目の国学者、塙保己一の200回忌を記念し、命日の12日、生誕地の埼玉県本庄市で墓前祭が開かれた。生家近くの墓所で、神仏習合の形で宮司や僧侶、関係者らによる法要が行われ、吉田信解市長も墓前で手を合わせた。

1746年に生まれた塙は7歳で失明。江戸で学問の道に進み、40年以上かけて各地の貴重な書物を収集し、666冊の「群書類従(ぐんしょるいじゅう)」を編さんした。1821年9月12日に76歳で亡くなった。

地元で塙の業績を伝える遺徳顕彰会(会長・吉田市長)は毎年、命日に顕彰祭を開き、市民らが菊の花を献花。今年は顕彰祭に先立ち、墓前祭も開かれ、塙の遺徳をしのんだ。

市などは、来年の没後200周年に塙に関する講演会や、物語の刊行といった記念事業を計画。吉田市長は「無事に200回忌を迎えることができた。今後も遺徳顕彰に努めたい」と話した。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加