南野拓実、チェルシー戦で得点しチーム最高評価タイ。英紙「本当に落ち着いてフィニッシュした」

南野拓実、チェルシー戦で得点しチーム最高評価タイ。英紙「本当に落ち着いてフィニッシュした」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

【サウサンプトン 1-1 チェルシー プレミアリーグ第25節】

プレミアリーグ第25節、サウサンプトン対チェルシーの試合が現地時間19日に行われ、試合は1-1の引き分けに終わっている。この試合でサウサンプトンに所属する26歳の日本代表MF南野拓実がチェルシーを相手にゴールを決めた。

先発出場を果たした南野は33分、ネイサン・レドモンドから縦パスを受けると、守備に戻ったチェルシーの選手が前に立ち塞がるも、冷静にフェイントで交わして先制点を決めた。だが、54分にメイソン・マウントにPKを決められて失点し、試合は1-1の引き分けに終わっている。

英紙『デイリー・メール』は南野を含め、アレックス・マッカーシー、ヤン・ベドナレク、ヤニク・ヴェスターゴーア、オリオール・ロメウ、ネイサン・レドモンドの6人にチーム最高評価となる「7.0」の採点をつけた。相手にPKを献上したダニー・イングスは「5.5」でチーム最低評価となった。南野が得点を決めた場面については「本当に落ち着いてフィニッシュした」とコメントしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加