【前編】スピンの名手・中野友加里が厳選するベストスピン選手!「スピンの神様のような存在・・・」

【前編】スピンの名手・中野友加里が厳選するベストスピン選手!「スピンの神様のような存在・・・」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/05/29

フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

現役時代は、誰もが魅了する『ドーナツスピン』を武器に、2005年NHK杯優勝、2006年四大陸選手権2位、10度の全日本選手権出場など、多くの功績を残された中野さん。

そんな、スピンを得意とする中野さんが選ぶ、「ベストスピン選手」を、同チャンネル内で発表。

今回は既に現役を引退した選手の中から、中野さんが厳選した6人が発表された。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

スピンの神様のような存在

順不同として選出された6人のうち、前編として挙げられた動画内ではそのうちの3人が発表。

「現役中、そして今でも素晴らしいと思うのは変わらない」と、まず最初に選出されたのは、ルシンダ・ルーさん。

「初めて見た時は、テレビの画面越しだったんですが、衝撃を受けました。この選手はいつまで回っているんだろうというくらい、素晴らしい速度と軸がブレないという回転速度の維持、そしてバランスの維持。両方の形が上手く取れたものだったので、思わず惚れ惚れしてしまうスピンでした。」

そんなルシンダ・ルーさんを、それまで画面越しでしたことがなかったという中野さんだが、ある時、対面が叶ったという。

「(ルシンダ・ルーさんが)神宮外苑のスケート場で練習していたことがありまして、初めてお会いした時に、バックスクラッチと呼ばれる高速スピンと言われているものをやってくださったんです。それを初めて自分の目で確かめた時に衝撃を受けました。こんなにスピンを回れる人がいるんだと。私の憧れの選手でもありつつ、追いつけなかったので悔しいと思いつつという感じで、本当スピンの神様のような存在でした。」

伝説のスピンだったなと・・・

No image

そして、中野さんが思わず「初めて見た時に頭の位置、背中の位置がどうなっているんだろう」と衝撃を受けたというのが、長洲未来さんのパールスピンだという。

「頭の位置がどこにくっついているんだろうというくらいの形で、それを腕力で遠心力を使いながら足をしっかりと上に持ってきつつ、速度の速いスピンを回っていました。今あのスピンをやれる人っていないんじゃないかというくらい伝説のスピンだったなと思います。ああいうアレンジが効いた発想が素晴らしいなと思って見ていました。そして未来選手は体の成長が変わった時にもトリプルアクセルを跳ばれていましたし、沢山の能力そして才能を持たれた選手なんだなと思いました。凄く応援していた選手の1人でしたね。」

この他前編では、こちらもオリジナルスピンで話題となりオリンピック出場経験もある、あのスケーターも選出されている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加