有働由美子アナ“おひとり様”の悩み「このまま朽ちてしまうのか...」ネガティブな気持ちを払拭する方法とは

有働由美子アナ“おひとり様”の悩み「このまま朽ちてしまうのか...」ネガティブな気持ちを払拭する方法とは

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

フリーアナウンサーの有働由美子(51)が20日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「うどうのらじお」(金曜後3・30)に生出演し“おひとり様”の寂しさを克服する、ある方法を紹介する場面があった。

No image

有働由美子アナウンサー

「あなたが1人でやったこと」というテーマで、有働アナは「私なんかは20年間家族と一緒にいたけど、30年間はソロでしょう。大抵のことはソロでやることに慣れてますけど、特にバーは人と行きたくないですね。仮に恋に落ちても1人で行きたいですね。なんか味が分からなくなるじゃないですか」という。

「確かに最初の頃は1人で行くと手持無沙汰なんですよ、静かなバーだとバーテンダーの方とずっと喋るのもどうかと思って。本読んでみたり、携帯イジってみたりしたんですけど。でも、50歳過ぎてから普通にボーっとできますね」と話す。

「某東京駅にあるバーがございまして、有名なバーテンダーが作るカクテルがあって。1人で飲みに行くと、色んなことを忘れられるというかね、1人でやっていこうと思えるんですよ。やっぱり独り者って『このまま朽ちてしまうのか…家族もいないのに、何のために生まれて来たのかしら?』みたいに、すごいネガになるんです」とポツリ。

「そこでカクテルを飲むと、東京駅で飲んでる自分を含めて『ちょっと頑張ろう!』って気持ちになるので。励まされるより、1人でカクテル飲む方が、ソロでやっていく覚悟ができるという感じです」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加