<もしかして放置子>「まさか...」玄関のドアを開けると、目があったのは驚きの...!?

<もしかして放置子>「まさか...」玄関のドアを開けると、目があったのは驚きの...!?

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2022/11/25

夫の地元で、義母に悩まされつつもそれなりに平和に暮らしていたさくらさん。ある日、子どもと公園へ行くと、4歳の長女が同い年くらいの女の子と仲良くなりました。しかし、その女の子に付き添いの大人が見当たりません。

前回の話。

別の日も女の子に公園で会うようになりましたが、いつも大人の姿はありません。

そんなある日、女の子のママが「いつもありがとうございます」とさくらさんに声をかけてきました。ママはとても派手な格好をしていました。「4歳の女の子をひとりで遊ばせるなんて……」と思ったさくらさんは、親子を避けるべく、公園に行くのを控えることに。

しかし、たまたま通りかかった親子に、自宅を知られてしまいます。そして次の日、朝7時にインターホンが鳴りました。モニターをのぞくと、女の子が! なんとひとりで遊びにきたと言うのです。

戸惑ったさくらさんは……?

朝早くから遊べないと断ると…?

No image
No image
No image
No image
No image
No image

朝7時のピンポンの正体はみっちゃんでした。「一緒に遊ぼう!」と言うみっちゃんに、戸惑いながらも、やんわり断るさくらさん。

そして旦那さんが家を出ると、「おい!」と言って慌てて戻ってきました。

なんとみっちゃんが庭で待っていたのです。

さくらさんは、ずっと待っていたと知り、お庭で遊ばせることに。

やがておやつの時間になると、さくらさんは「今日はバイバイしよう」とみっちゃんに言いました。みっちゃんも一緒におやつを食べたいと言いましたが、さくらさんはアレルギーの心配もあるから勝手にあげられないことを説明します。

「おうちで食べてね」と言うと、みっちゃんは無言になり、複雑な表情をにじませるのでした。

◇  ◇  ◇

朝7時から4歳の女の子がひとりで遊びに来たら、びっくりしてしまいますね。みっちゃんの家族は心配をしていないのでしょうか。そしておやつは勝手にあげられないと伝えたさくらさん。みっちゃんにはまだアレルギーについて理解が難しいでしょうし、さくらさんも少し複雑な心境かもしれませんね。

「もしかして、近所のあの子は放置子」のマンガは、下記にて掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

作画:まのもなお

著者:マンガ家・イラストレーター もっち

ベビーカレンダー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加