【Jリーグ】30周年は「よっしゃ、いこ!」。観月ありささんをゲストに、内田篤人氏、中村憲剛氏、槙野智章氏、松木安太郎氏、そして野々村芳和チェアマンが語り合う

【Jリーグ】30周年は「よっしゃ、いこ!」。観月ありささんをゲストに、内田篤人氏、中村憲剛氏、槙野智章氏、松木安太郎氏、そして野々村芳和チェアマンが語り合う

  • サカノワ
  • 更新日:2023/01/25
No image

「Jリーグ30周年オープニングイベント」に登場した(左から)中村憲剛氏、松木安太郎氏、野々村芳和チェアマン、観月ありささん、槙野智章氏、内田篤人氏。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

7月には「ワールドチャレンジ」を開催予定。

Jリーグは1月25日、「Jリーグ30周年オープニングイベント」を都内で開催し、中村憲剛氏、内田篤人氏、槙野智章氏、松木安太郎氏、野々村芳和チェアマン、そしてゲストに観月ありささんを迎えて、“30周年”の様々なテーマについて語り合った。

そのなかで開幕30周年プロジェクト概要とともにコンセプトとキーワードが発表された。

Jリーグ30周年コンセプトワードは「よっしゃ、いこ!」。

Jリーグ誕生から30年、これまでも、これからも「次」に向かって「仲間」ととともに常にチャレンジを続けていく。そんな30周年を迎えるJリーグの「気持ち」をコンセプトに込めた。

キーメッセージは、その「気持ち」を世の中に具体的に語りかけ、身近に呼びかけている。Jリーグからの次代へ向けた「手紙」の役割をイメージしている。

そして野々村チェアマンは2つの成長テーマを提示。一つが「60クラブがそれぞれの地域で輝く。ローカルでの露出拡大」、もう一つが「トップ層がナショナル(グローバル)コンテンツとして輝く」。そこで人気、関心、入場者数、リーグ価値を上げるという“循環”を作り出していきたいということだ。

また、4月から全国でサッカー番組『KICK OFF』の放送開始を予定。そして、30周年記念スペシャルマッチとして5月12日のFC東京 vs 川崎フロンターレ、5月14日の鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパスが行われる。

さらに7月には、ワールドチャレンジをサマーブレイクに開催。海外ビッグクラブの招へいを計画している。

Jリーグ誕生から30周年へ。野々村チェアマンは「当時はキラキラしたエンターテイメントとして見られていたが、30年が経ち『本物』の目指しているものに近づいていると感じています。本気でクラブを支え、地域をよりよくしようという方たちによって根付いてきています。そう感じながら30周年を迎えられることを嬉しく思います」と語った。一方で、「何よりこれまでよりも、これからが大切」と強調した。

ゲストの観月さんは1991年5月15日デビュー。その2年後の同じ日にJリーグがスタートしたという縁があるという。今年の公私での「よっしゃ、いこ!」を挙げてほしいというテーマについて、「これまでなかなかコロナ禍でできなかった旅行へ行きたいですし、その地域で行われているJリーグの試合を見に行きたいです」と語った。

2023シーズンは年間をとおして、このコンセプトワードやキーワードを発信。Jリーグマスコット「Jリーグキング」が3Dコンピューターグラフィックによりレベルアップし、様々なシーンに静止画や動画で登場する。

【関連記事】
アル・アハリが名古屋マテウス獲得へ「交渉中」。中東の情報筋によると!?プレー集も紹介

【移籍情報】三笘薫の名相棒カイセドはブライトン残留へ。アーセナル、リバプール、チェルシーが獲得を目指すが…

【日本代表】久保建英が明かした“音楽係”の苦悩。カタールW杯の舞台裏、吉田や長友からの「タケ、チェンジ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加