巨人原監督ニヤリ 優勝マジック点灯に「志半ば、戦い半ば」「僕は意識してない」

巨人原監督ニヤリ 優勝マジック点灯に「志半ば、戦い半ば」「僕は意識してない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

マジック「38」が点灯して声援に応える巨人・原監督=東京ドーム(撮影・堀内翔)

「巨人6-3阪神」(15日、東京ドーム)

巨人が逆転勝ちで8連勝。優勝マジック38が点灯した。

エース菅野は6回7安打3失点の力投で、開幕から無傷の11連勝。打線が六回に5安打を集中し、逆転した。原監督は「六回、亀井がノーアウト二塁からつなげたのが大きかった。その後は見事なバッティングだった」と納得の表情。吉川尚、大城の下位打線の活躍には「打率も上がってきているし、非常に貴重な打点。相手チームは嫌なバッターになってきている」とうなずいた。

菅野は開幕投手としては伝説の303勝投手スタルヒンが38年春に記録した球団記録に、82年ぶりに並んだ。「彼ひとりの力ではないが、いいコンディションのなか、きょうは不安だったが、みんなの力で(11連勝を)してあげられた」と称賛した。

例年、優勝マジック点灯の話題には実現するぎりぎりまで反応してこなかったが、思わずニヤリ。「志半ば、戦い半ばです」。48試合を残しての点灯は、原政権下では史上最速だが「僕は全く意識してません」と笑いをこらえ、次戦へ目を向けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加