とよた真帆 夫・青山真治監督死去後初の公の場「彼の映画にはマジ、本気がありました」

とよた真帆 夫・青山真治監督死去後初の公の場「彼の映画にはマジ、本気がありました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

女優のとよた真帆(55)が22日、都内で「第44回ぴあフィルムフェスティバル2022」の表彰式に出席した。コンペティション「PFFアワード」の審査員を務めており、今年3月に夫で映画監督の青山真治さん(享年57)が亡くなってから初の公の場となった。

No image

「ぴあフィルムフェスティバル」の表彰式で、夫の青山真治監督について語るとよた真帆

映画祭では、2人が交際するきっかけとなった2001年「月の砂漠」など青山監督の追悼特集が組まれ「夫もいろいろな作品がたくさんの方の目にふれることを光栄に思い喜んでいると思います」と感慨深げ。「命を懸けて映画を撮っていた夫の横にいた者として、彼の映画にはマジ、本気がありました」と話し、グランプリを受賞した「J005311」の河野宏紀監督(26)に「そのマジを感じました」とエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加