太田光、市毛良枝、野口啓代らが登山家・山野井泰史の生き様を絶賛 映画『人生クライマー』完全版の著名人コメントが到着

太田光、市毛良枝、野口啓代らが登山家・山野井泰史の生き様を絶賛 映画『人生クライマー』完全版の著名人コメントが到着

  • ぴあニュース
  • 更新日:2022/11/30

本日11月25日(金) より公開の映画『人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版』を鑑賞した著名人からのコメントが到着した。

本作は、3月にヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「TBSドキュメンタリー映画祭2022」でクローズド作品として上映された、登山家・山野井泰史のドキュメンタリー映画『人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界』に9分の新規カットを追加した完全版。

今回コメントを寄せたのは18名で、先日TBSドキュメンタリー映画の新ブランド「TBS DOCS」のチェアマンに就任した爆笑問題の太田光を筆頭に、登山を愛するお笑い芸人や俳優たち、論説委員、そして山岳界といった錚々たる面々。それぞれ山野井泰史という人物への感銘と、彼の崇高な生き様への驚きを明かしている。

■太田光(爆笑問題、TBS DOCSチェアマン)コメント
「こんな人生を送っている人がいるのか!」と同い年のクライマーの存在に驚愕!俺たちはどれだけぬるま湯で生きてきたのか…。見ればきっと勇気をもらえるはず。山野井さんに会いたくなりました。私のおすすめの1本です!

■市毛良枝(俳優) コメント
日本を代表する極限のソロ・クライマー。
でも、山野井さんに会うと誰もが彼の人柄に惹きつけられる。
魅せられた取材者が伝える彼の歴史とこれからと、よくぞ出会ったパートナー、妙子さんとの暮らし。
撮る側と撮られる側の信頼感にともなわれて、厳しい登攀の合間に穏やかな時間が流れる。
カメラの前でもいつものままの自然体で語り、ふたりらしい普通の暮らしを見せてくれる。
山好きの人はもちろん、すべての人に、山野井泰史という人を見てもらいたい。

■野口啓代(プロフリークライマー) コメント
私は最初から競技の世界に入ってしまったので、雪山やアルパインの経験はないのですが、登りたいという気持ちや、目標に向かって作戦を立てトレーニングして挑むときの気持ちなど、共感できるところがたくさんありました。山野井さんは、山を登るために生まれてきた方、全クライマーが目指すべき存在。偉大な方と再確認できました。

■東野幸治(芸人) コメント
山野井さんにとって登山とは?って聞かれたら
「生死の狭間で生きる喜びを味わえるのが登山です」って答えるのかな?
だがこのドキュメンタリーを観た私が「山野井さんの登山とは?」って聞かれたら「なぜそこまでして登るの?」「なぜそこまでして1人にこだわるの?」「なぜ周りの人達が死んでいくの?」って答えると思います。
否定も肯定もできない山野井泰史の登山が!生き方が!命が!たっぷりと描かれてます!
観なきゃ損です!是非観てください!

■庄司智春(芸人) コメント
岩壁を掴みながら一つ一つ上がっていく姿は、自らの命を丁寧に掴みながら生きているみたいで感動しました。
凡人の私にはヒヤッとする瞬間が何度もあったが、普通では観ることの出来ない貴重な映像と山野井さんの生き様が生々しく剥き出しに描かれて、衝撃を受けました。
生死の境を何度も経験した人がなしえるその達観した人となり。
マカルー西壁にアタックした時の夫婦間のシーバーでのやり取りが心打たれました。
是非皆さんに観てほしいです。
生まれてきたこと、そして生きていくことを、改めて考える事の出来た素敵な作品でした。

■阿南健治(俳優) コメント
ラジオドラマで演じた事で山野井さんを初めて知って、伝えたいと強く思った。
この映画を観て、そのリアルさと過酷さに、より山野井さんの事を熱く語り、人に教えたくなった。
世界の山々へ単独で挑み、未踏を求め、次々に山を全身で抱きしめ続けて進んで行く、
人間、山野井泰史さんの事を。

■村井美樹(女優・タレント) コメント
何という生命力…!
死の淵に立ち、手足の指を失っても、多くの友人を山で亡くしても、それでも垂直の世界へ挑み続ける山野井さんの姿は衝撃的。何度も息を飲み、震えながら映像に見入りました。
「あの山に登りたい。ただそれだけ」そう語る山野井さんの眼差しは、少年のようにどこまでも澄んでいて、眩しい。
生きることの尊さ、崇高さを感じずにはいられない、凄まじいドキュメンタリーでした。

■井之脇海(俳優) コメント
“命の手触り”を確かめながら踏みしめる、山野井さんの一歩一歩に、背中を押されて勇気をもらえた。
自分の目の前にある、小さな”壁”から乗り越えてみよう。

■辰野勇(モンベル代表) コメント
人生を山に捧げ、数多くの挑戦を続けてきた山野井氏。
等身大の彼を見ることができる貴重なドキュメンタリー作品です。厳しい山行で指を失っても今なお、岩壁に向き合うその姿は見ている人を魅了する。彼の山に対する情熱が直に伝わってくる快作だ。

■服部文祥(サバイバル登山家) コメント
「内臓が腐るほどの恐怖」「冷静な発狂」
現場で発せられた伝説の名台詞が映像に残る。
個人の登山史を越えたクライミングの歴史。

■平出和也(アルパインクライマー・山岳カメラマン(石井スポーツ所属)) コメント
こんなに自分に正直に生きている人を、私は他に知らない。
特異な野生本能で未知なる課題に向かう姿は登山家のかがみであり、その足跡はいつも心を奮い立たせてくれる。
何よりもストイックな挑戦から生還し続けていることは私の理想だ。
長年夢を追い続けているからこそ、生まれる葛藤が記録されている。きっとその中には取り返しのつかない後悔だってあるのだろう。
私たちは完璧ではない。だから色んなものを克服しながら生きている。
前を向いて生きていくヒントはこの映画の中にある。

■元村有希子(毎日新聞論説委員) コメント
垂直の世界への、狂おしいほどの憧れと畏れ。生と死。栄光と挫折。
そのあわいに身を置き続けてきた山野井さんの生き方が、圧巻の映像とともに描かれ、心を揺さぶられました。
マカルー西壁に阻まれてから四半世紀。ギャチュン・カン北壁登頂後の死闘から20年。静かでひたむきな登攀人生の「第二幕」にカメラを向けた武石監督にも拍手を贈ります。

■赤ペン瀧川(映画プレゼンター) コメント
常人の限界を超える超人であり、挑戦をし続ける努力の天才である山野井泰史。そんな彼の“一途すぎてもはやクレイジー”な部分もしっかり映し出す振り幅広めのドキュメンタリー。最高という言葉しか出てこない。

■よこみぞ邦彦(脚本家・「アルパイン・クライマー 単独登攀者・山野井泰史の軌跡」原作) コメント
脚本家として山野井泰史とゴルゴの取材で出会って、はや27年にもなる。
命綱を使わず登る姿を目の当たりにした。
平然と「死ぬかもしれない登山が好きだ」と語っていた。
そんな私だが「人生クライマー」で彼を見ていたのはほんの一端だったと思い知らされた。
この映画は長年見てきた山野井とは違う世界を見せている。
息を飲んで魅せられていた。

■MARiA麻莉亜(登山YouTuber) コメント
私自身登山YouTuberとして活動していますが、山野井さんは遥か雲の上の存在です。激しい孤独感と達成感と恐怖が単独登攀という究極の挑戦によってさらに研ぎ澄まされるのを映像の緊張感から感じ取ることが出来るようでした。どんな逆境にも負けず好きなことを追求し、戦う姿を見て挑戦する事の楽しさと厳しさを教えてくれる映画でした。

■JIN(登山YouTuber) コメント
山野井さんの生き様を見て、かっこいいと思わない山好きはいないと思います。この作品ではマカルー西壁挑戦を軸に物語が進んでいき、山で何度も重症を負う山野井さんが出てきますが、そこに後悔が感じられないのは、本当に好きな事を極限まで追い求めてやってきた結果なのだと感じました。山好きならもちろん、それ以外の方でも、人生に大切なものを感じさせてくれる。そんな素敵な作品に仕上がっていると思いました。

■山下舞弓(登山YouTuber) コメント
山が好きでソロの魔力に取り憑かれた1人のクライマー。
長年抱いていたマカルー西壁の挑戦は手に汗握る思いで観ました。常に生と死がせめぎ合う中で命の手触りを感じながら登る山野井さん。その過酷な挑戦には、妻でありパートナーでもある妙子さんの大きな支えを感じました。
初登攀にこだわり生涯挑み続けているお二人の生き方に、とても前向きな気持ちになりました。

■イタガキ(登山YouTuber) コメント
同じ山を楽しむ者として恐縮ながら「一人でやり遂げること」を求める山野井さんに共感を覚えました。単独で山に挑むのは危険を増す行為ではあるのですが、何ものにも代えがたいその達成感はまさに麻薬。孤独や困難が待っていると分かっていてもそれを求めてしまいます。結果として山野井さんは手足の指を失ったりと大変な目には遭っているのですが、それを語るときの屈託のない笑顔がとにかく印象的で、伝説のクライマーとしてはもちろん、一人の人間として魅了されてしまいました。山好きという枠を超えて是非多くの人に見てもらいたい映画です。

<作品情報>
映画『人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版』

公開中

語り:岡田准一
監督:武石浩明

関連リンク

公式HP:
https://jinsei-climber.jp/

Twitter:
https://twitter.com/jinsei_climber

Facebook:
https://www.facebook.com/Jinseiclimber

hiroki.hagiwara

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加