萩原みのり主演映画『成れの果て』12月3日劇場公開へ 新映像&ポスタービジュアルも

萩原みのり主演映画『成れの果て』12月3日劇場公開へ 新映像&ポスタービジュアルも

  • Real Sound
  • 更新日:2021/09/15
No image

『成れの果て』(c) 2021 M×2 films

萩原みのり主演映画『成れの果て』が12月3日より新宿シネマカリテほかにて順次公開されることが決定し、あわせて新特報映像とポスタービジュアルが公開された。

【動画】隠された人間性が炙り出されていく『成れの果て』新特報映像

本作は、劇作家・映像作家のマキタカズオミ主宰の劇団・ elePHANTMoonが2009年に上演した同名戯曲を映画化するもの。8年前のある事件によって心に傷を負い、上京した小夜は、事件に関わった男性が自分の姉と婚約したことを知り、居ても立ってもいられず帰郷。彼女の過激な行動と言動は、周囲の人々をも巻き込み、それぞれの隠された人間性を抉り出していく。

萩原が主人公・小夜を演じ、柊瑠美、木口健太、秋山ゆずき、後藤剛範らが脇を固める。映画『gift』『恐怖人形』のほか、テレビドラマでは『ひぐらしのなく頃に』(BSスカパー!)や『噂の女』(BSテレ東) の演出も手がける宮岡太郎が監督を務める。

公開された特報映像では、「平穏な日常が狂い出す」のテロップとともに、小夜の帰郷を引き金に、隠された人間性が炙り出されていく登場人物たちのショットが連なる。ポスターには、小夜を演じる萩原の横顔とともに、「姉が結婚したのは、絶対に許せない男だった。」のコピーが綴られている。

(リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加