NHK朝ドラ「舞いあがれ!」福原遥が目黒蓮にインタビュー!ネット「舞呼び!いい!!」「クスッてするとこ萌えキュン」

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」福原遥が目黒蓮にインタビュー!ネット「舞呼び!いい!!」「クスッてするとこ萌えキュン」

  • iza!
  • 更新日:2022/11/29
No image

「舞いあがれ!」ロゴ(C)NHK

Snow Man、目黒蓮をインタビューする女優、福原遥の様子がNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」の公式ツイッターで紹介され、ネットで大きな話題になっている。

大阪府東大阪市と長崎県の五島列島を舞台に、東大阪の町工場で生まれた主人公の岩倉舞(福原)が空と飛行機に憧れを抱き、パイロットを目指す朝ドラ。舞は、小学生の頃に初めて乗った飛行機に感動し、航空工学を学ぶため浪速大学に進学。当初の夢は飛行機を作ることだったが、人力飛行機サークルで空を飛ぶ体験をしたことで、旅客機のパイロットになることを目指すようになった。大学を中退して航空学校に入学し、そこで出会ったのが、目黒演じる同期の柏木弘明。父が国際線のパイロット、母が元客室乗務員という航空一家で育ったエリートの柏木は優秀でプライドが高く、基本的に舞のことを見下しており、そんな彼の態度に舞はたびたびイライラしている。

ドラマは第8週「いざ、航空学校へ!」(第36~40話)まで進み、25日放送の第40話で、舞と柏木は宮崎本校で行われた座学課程の最終試験に合格。今後は北海道・帯広でフライト課程に挑むことになる。

目黒へのインタビューの様子は、24日、ツイッターで2回に分けて立て続けに投稿された。福原が撮影を始めると、目黒は少し恥ずかしそうに「柏木役のSnow Manの目黒蓮です」と自己紹介。現場の雰囲気について「すごい明るくて、あったかくて、皆さん優しい方たちばかりで、すごく撮影しやすくやらせてもらってます」と笑顔で答えた。役どころについて聞かれると、「僕はもう本当にエリートといいますか、頭も良くて、それが故に自信を持っているからこそ、これから起こっていくいろいろな壁を舞を筆頭に、学生の皆さんたちとどう乗り越えていくのか。そういうところを楽しみにしていただけたらうれしいな、と思います」と説明。最後に「では、また登場してください!」とお願いした福原に、目黒は少しはにかみながら「よろしくお願いします」と頭を下げた。

シャイな表情をのぞかせる目黒にファンは「恥ずかしそうでかわいい」「ペコペコどんだけ頭下げんのw」「おふたりともぎこちない…?緊張されてるんですかね」「撮影開始3日目の柏木くんですね。緊張感が伝わってきます」などとコメント。劇中ではドライでぶっきらぼうな表情が多いことから、「怖くない柏木くんだ」「役では険悪な雰囲気の2人だけどインタビューでは穏やかな空間」などと書き込むファンも見受けられた。

ドラマ内で舞のことを「岩倉」と呼ぶ柏木に対し、目黒は「舞」と下の名前で呼んでいることにときめくファンも多数。「舞呼び!いい!!」「舞(まい)の呼び捨てがカワイイ」「自分の名前が『まい』なのであの柏木さん(目黒さん)から言われるとキュンとなりました」といった声も寄せられた。

目黒の何気ない仕草に反応するファンも少なくなく、「最後に鼻にちょこっと触れて微笑む姿…ドラマの中でもそんな柏木君に会えるといいなぁ」「舞ちゃんの『では、また』にクスッてするとこ、萌えキュン」といった投稿もあった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加