ハチドリよりも速く羽ばたき、機械的な音を発してメスを誘うキガタヒメマイコドリ

ハチドリよりも速く羽ばたき、機械的な音を発してメスを誘うキガタヒメマイコドリ

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2021/02/23
No image

一般的なハチドリが1秒間に80回羽ばたくのに比べ、マイコドリ科のキガタヒメマイコドリは1秒間に107回羽ばたくことで独特な音を発し、メスを誘う求愛行動としている。

羽が発する音は1500ヘルツで、機械から発せられるビープ音であるかのよう。

羽には7つのうねがあり、上下に107回羽ばたくことで、7x2x107=1498、およそ1500ヘルツになるとか、高速羽ばたきのために発達した筋肉で飛行は不得手とか、WIREDで紹介されている鳥類研究科、Kim Bostwick氏の研究結果が面白い。

「世界最速の翼」は性淘汰で進化 | WIRED.jp

【オススメ記事】ホオジロザメの体当たりでカヤックから転落。南アフリカ沖で釣りをしていた男の恐ろしい事故の瞬間

Amazing club winged manakin mating display video by Hans Heinz in Ecuador

No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加