阪神・アルカンタラが七回途中に無念の負傷降板

阪神・アルカンタラが七回途中に無念の負傷降板

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10

(セ・パ交流戦、日本ハム―阪神、3回戦、10日、札幌D)先発した阪神のラウル・アルカンタラ投手(28)が七回途中に無念の負傷降板となった。六回まで許した安打は2本のみ。74球と球数も少なく順調にゼロを並べていた矢先だった。

七回、先頭の近藤に投じた4球目を痛打されると、打球はアルカンタラの左足の脛付近を直撃。苦悶(くもん)の表情を浮かべ、マウンドに倒れ込んだ。その後、トレーナーとともに自らベンチへ。そのまま、2番手・馬場がコールされ、交代となった。

No image

7回、日本ハム・近藤の打球を足に当てる阪神・アルカンタラ=札幌ドーム(撮影・宮沢宗士郎)

アルカンタラは6回0/3を投げ、3安打。今季2勝目を仲間に託した。

試合速報へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加