古橋、旗手ら日本人選手5人を擁するセルティック、濃淡の緑重ねた創立135周年の特別ユニフォーム販売

古橋、旗手ら日本人選手5人を擁するセルティック、濃淡の緑重ねた創立135周年の特別ユニフォーム販売

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/03/18
No image

セルティックの特別ユニフォームが16日から販売を開始した。

【動画】セルティックの創立135周年特別ユニフォーム

古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、岩田智輝、小林友希の日本人選手5人を擁し、今季のスコティッシュ・リーグカップも制したセルティック。リーグ戦でも首位、スコティッシュカップでもベスト4に残っており、3季ぶりの3冠も現実味を帯びている。

ユニフォームサプライヤーは2020-21シーズンより、ニューバランスに代わってアディダスがサプライヤーを務め、9日にはクラブ創立135周年を記念する限定ユニフォームが発表されていた。

16日から販売がスタートした襟付きの特別ユニフォームは、濃い緑を基調に光沢のあるエメラルドグリーンのロゴを重ねた。胸スポンサー、スリーラインもエメラルドに輝き、左胸にはクラブエンブレムではなく、四葉のクローバーがあしらわれた。

旗手もモデルとして登場。襟と袖はセルティックとアイルランドの代名詞である3色で縁取られ、ショーツ、ソックスもシャツと同パターンでまとめられている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加