鳥栖FW林V弾「前のプレッシャーからミス誘えた」

鳥栖FW林V弾「前のプレッシャーからミス誘えた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

柏対鳥栖 後半、先制ゴールを決め歓喜する鳥栖FW林(撮影・江口和貴)

<明治安田生命J1:柏1-2鳥栖>◇第28節◇21日◇三協F柏

経営危機のサガン鳥栖が、クラブを鼓舞する6勝目を挙げた。

後半8分、前線のパスカットからのクロスをFW林大地(23)が決めて、チーム最多8得点目で先制。「前のプレッシャーからミスを誘い、ゴールにつなげられて良かった」と喜んだ。同21分には若手のMF本田風智(19)が、今季3得点目で加点し主導権を握り、逃げきった。

鳥栖は前日20日に竹原稔社長(59)がクラブ公式サイトを通じ、深刻な経営状況と、自身の経営責任による辞任を示唆したばかり。それでも、選手は目の前の試合に集中し、結果で応えてみせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加