トランプ元米大統領、米国軍のアフガニスタン撤退をバッシング! 「米国軍の武器は中国やロシアの手にわたる」

トランプ元米大統領、米国軍のアフガニスタン撤退をバッシング! 「米国軍の武器は中国やロシアの手にわたる」

  • TVグルーヴ・ドット・コム
  • 更新日:2021/09/15
No image

ドナルド・トランプ大統領

ドナルド・トランプ元米大統領は米国軍のアフガニスタン撤退について、「国家の歴史の中で最も恥ずべきできごとだ」と非難。現在アフガニスタンは現地勢力タリバンが支配しているが、バイデン大統領の指示で現地に残された米軍の武器について、いずれ中国やロシアの手にわたり、技術を分析される可能性があると指摘している。

現地時間9月12日に放送された報道番組「Full Measure」に出演したドナルド・トランプ元米大統領は、「歴史上最も無能といえる撤退だ」と語り、アフガニスタンに配置された武器や航空機について「こんなことはこれまでになかったんだ。850億ドルもの新しく美しい機器をそろえたことなんてね」とつづけた。

そして、今後のこれらの武器のゆくえについて「間違いなく、中国やロシアはすでに我々のアパッチヘリコプターを所有しているだろうね。分解して構造を調べているに違いない」と付け加えた。

さらに「アパッチヘリコプターは現時点で最高のものだ。中国やロシアはそれらを解体して調べることで、全く同じものを作り出そうとしているんだよ」と、技術が盗用されることに危機感を示している。

また、もし自身がアフガニスタン撤退に関わっていれば、それは「名誉」と「尊厳」のあるものになっただろうと語っていた。

トランプ元大統領はまた、首都カブールの空港から米国軍機が撤退する際にアフガニスタン国民が押し寄せたという状況にも言及。多くの人々が機体にしがみつくなど、混乱した避難行動がアメリカへのテロリスト入国を手助けしたのではないかと指摘した。

トランプ元大統領はこの人びとについて、「彼らは我々が連れて行った通訳者たちではないだろう。彼らの多くは、テロリストである可能性もある」と語っていた。

山崎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加