日本シリーズ第1戦、パ王者ソフトバンク 投打で圧倒

日本シリーズ第1戦、パ王者ソフトバンク 投打で圧倒

  • TBS NEWS
  • 更新日:2020/11/22
No image

SMBC日本シリーズ2020。4連覇を狙うソフトバンクと8年ぶりの優勝を狙う巨人が激突です。

日本一をかけた運命の第1戦。巨人の先発を託されたのは絶対的エース・菅野投手。そのエースの前に立ちはだかったのはソフトバンクの5番・栗原選手。巨人の絶対的エースからホームランを放ち、ソフトバンクが先制します。

栗原選手のアーチで勢いづいたソフトバンク。6回には、またも栗原選手。今度はタイムリーツーベース。栗原選手は、この日3打数3安打4打点の大暴れ。

投げてはエース・千賀投手。得意のフォークボールなどで巨人打線を封じ込めます。千賀投手は7回6奪三振・無失点の好投。投打で圧倒したソフトバンクが第1戦を制しました。

【試合結果】

ソフトバンク 5-1 巨人

(22日01:15)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加