「しれっとスーパープレーする」西武・源田の超絶“ベアハンド”にファン驚愕

「しれっとスーパープレーする」西武・源田の超絶“ベアハンド”にファン驚愕

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/15
No image

好守で魅せた西武・源田壮亮【画像:パーソル パ・リーグTV】

投手がグラブで弾いて失速した打球に猛ダッシュして抜群の送球

■西武 4-3 ロッテ(15日・メットライフ)

西武の源田壮亮内野手が15日、本拠地メットライフドームでのロッテ戦で、超一級品の守備を見せた。投手がグラブで弾いて勢いが殺された球を、素手で掴んでそのまま一塁へ送球。華麗な身のこなしと堅実さに、ファンからは嘆息が漏れた。

場面は初回2死。ロッテのマーティンが投手強襲の打球を放つと、捕球しようと反応した先発・高橋光のグラブに当たってボールの勢いが失速。二塁ベース方向に転々として内野安打になるかと思われたが、遊撃の源田が猛烈なダッシュでボールのもとに走り、右手で掴んだ勢いのまま送球。結果的には悠々アウトを奪った。

球界屈指の名手らしいプレーの一部始終を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeは「【レアたまらん】源田壮亮の『メジャー級 ベアハンド』」と題して動画を公開。ファンからは「流石に鳥肌」「しれっとスーパープレーするな」「実際これめっちゃムズい」「ベアたまらん」などと驚きの声が相次いだ。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加