ケープミツバチが単為生殖でメスを産むことを可能にする遺伝子が特定される

ケープミツバチが単為生殖でメスを産むことを可能にする遺伝子が特定される

  • カラパイア
  • 更新日:2020/05/11

ケープミツバチの働きバチは交尾せずメスを産む /iStock 1匹の女王バチを中心にコロニーを形成し、役割分担をして生活するミツバチの世界。女王バチは大量の卵を産む係、オスのミツバチは生殖活動を担い、働きバチと呼ばれるメスのミツバチは蜜や花粉の採取や子育て全般を行っている。
 ところが、南アフリカに生息するセイヨウミツバチの亜種「ケープミツバチ(学名 Apis mellifera capensis

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加