仮設トイレ内だけで全編進行『ホーリー・トイレット』3月3日公開 ポスター&特報映像も

仮設トイレ内だけで全編進行『ホーリー・トイレット』3月3日公開 ポスター&特報映像も

  • Real Sound
  • 更新日:2023/01/25
No image

© 2021 NEOPOL FILM, KELLNER & ZAPF GBR ©Daniel_Dornhoefer

ドイツ映画『Holy Shit!(英題)』が、『ホーリー・トイレット』の邦題で3月3日に公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと特報映像が公開された。

参考:動画はこちら

本作は、新人監督ルーカス・リンカーが手がけた、仮設トイレ内だけで全編が進行するバキュームスリラー。

頭部を負傷して意識を失った建築家のフランクは、リゾートホテルの建設現場で横倒しになった仮設トイレの中で目を覚ます。記憶の一部が飛び、この異常な状況がのみ込めないフランクは、トイレの周りに大量の解体用ダイナマイトが仕掛けられ、34分後の午後2時ジャストに爆破が行われることを知る。この非常事態を生き延びるには、誰かに助けを求めるか、もしくは自力で脱出しなくてはならない。ところが右腕に鉄筋が突き刺さって動けないうえに、友人である市長ホルストの邪悪な思惑が明らかになり、時間だけが空しく過ぎていく。刻一刻と爆発のリミットが迫るなか、絶体絶命のフランクに打つ手はあるのか。

公開されたポスタービジュアルには、主人公のフランクが、腕時計やトイレの蓋、イヤホンなどと一緒に仮設トイレの中へと落ちていく姿が、コミック調のイラストで描かれている。「目覚めたらトイレ。爆発まで34分。生き残れるのか⁉」のキャッチコピーも添えられた。

あわせて公開された特報映像では、仮設トイレで目覚めたフランクが、自分の右腕が鉄筋に貫かれているのを見て絶叫する様子から始まり、トイレが爆破されるのを知ったフランクが必死にトイレからの脱出を試みる様子が切り取られている。(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド映画部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加