ファン大満足!「新幹線撮影会の参加費は1万円でも完売」にいがた新幹線車両センター

ファン大満足!「新幹線撮影会の参加費は1万円でも完売」にいがた新幹線車両センター

  • BSN NEWS
  • 更新日:2022/09/23

新潟市東区の新幹線車両センターで23日、鉄道ファンにはたまらない新幹線の撮影会が開かれました。普段は絶対に撮れないアングルからの撮影に参加者は満足した様子でした。

【写真を見る】ファン大満足!「新幹線撮影会の参加費は1万円でも完売」にいがた新幹線車両センター

鉄道ファンのお目当ては?
来年3月、上越新幹線から引退する予定のE2(イーに)系と今後主力となるE7(イーなな)系、2種類の新幹線です。

この2台が並んでいるところを撮影できるのはとても貴重で鉄道ファンはシャッターを切る手が止まりません。
また、ホームでは絶対にできないアングルからの撮影も…。

この撮影会が開かれたのは新潟市東区の新潟新幹線車両センターです。参加費は1万円ですが定員20人ずつの午前、午後の部、いずれもほとんど完売したということです。

【参加者は】「色々な角度から撮ることができて、とても楽しく撮影することができました」

【参加者は】「E2系とE7系ではブレーキの形状、装置が違うのでそこをじっくり見たり撮ったりしました」

パンタグラフを上げ行き先も表示し今にも走り出しそうな新幹線を前方と後方からそれぞれ45分間ずつ撮影できます。JR東日本など鉄道会社はファンサービスでもあり利益も見込めるこうしたイベントを各地で次々と実施しています。

【JR東日本新潟新幹線車両センター 前田義憲所長】「より多くのお客様から鉄道を身近に感じてもらう。また鉄道のファンになってもらえればといったところから、こういったことが定期的に開催できれば」

車両や設備などのコンテンツとしての魅力や価値を活用した撮影会。こうしたイベントは内容を充実させ今後も広がっていくのかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加