北陸 台風15号が今夜から24日にかけて東海から関東に接近 北陸地方への影響は?

北陸 台風15号が今夜から24日にかけて東海から関東に接近 北陸地方への影響は?

  • tenki.jp
  • 更新日:2022/09/23
No image

台風15号は、今夜遅くには紀伊半島付近へ進み、明日24日(土)にかけて東海から関東地方に近づくでしょう。台風の中心より北側に発達した雨雲があるため、北陸地方にも山間部を中心にこの雨雲がかかるでしょう。また、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、北から南下する前線の活動が活発となり、短時間強雨のおそれがあります。また、台風が予報円の北側を通った場合は強風域に入る可能性があります。

台風の中心は東海から関東を通過も、油断は禁物

No image

台風15号は紀伊半島の南を北上しています。今夜遅くには紀伊半島付近へ進み、明日24日(土)は東海~関東地方付近へ進むでしょう。その後、北から南下する前線と一体化して温帯低気圧に変わつつ、25日(日)には関東の東の海上へ進む見込みです。

北陸地方への最接近は福井・石川・富山では今夜遅くから明日24日(土)の朝にかけて、新潟では明日24日(土)の朝~夜遅くとなるでしょう。しかし、台風の北側に発達した雨雲が集中していますので、台風の接近前から強い雨に注意が必要です。14時現在で、既に東海地方に発達した雨雲が掛かっており、このあと、北陸地方にも山間部を中心に発達した雨雲が流れ込むおそれがあります。

また、今夜遅くから明日24日(土)の午前中にかけては、前線が日本海から北陸地方を通過するでしょう。前線に向かって台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発化するおそれがあります。北陸地方では、前線通過時の短時間の激しい雨に注意が必要です。

福井・石川・富山では、これから明日24日(土)の明け方まで、新潟では明日24日(土)の昼過ぎにかけて、雷を伴って、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。低い土地の浸水や河川の増水・土砂災害・落雷・突風などに注意が必要です。また、台風が予報円の北側を進んだ場合は一部で強風域に入る可能性があります。北陸地方では海上や沿岸部を中心に、北寄りの強風にも注意が必要です。

危険な場所には近づかない方が得策

No image

台風15号は、北陸地方からはやや離れて通るものの、台風周辺の暖かく湿った空気や前線による短時間強雨などの影響はあるでしょう。特に、福井・石川・富山では暗い時間帯に短時間の激しい雨の降るおそれがあるため、アンダーパスなど低い土地の浸水や用水路などの増水に気付きにくいことがありそうです。車の運転などは周囲の状況をよく確認し、危険な場所には近づかないなどの行動が必要になりそうです。

また、東海地方では台風の中心付近のより発達した雨雲がかかる予想です。富山県の神通川や庄川など、岐阜県を水源とする河川では、下流側でそれほど雨量が多くなくても、上流側で降った大雨により、増水するおそれもあります。川の様子を見に行くなどの危険な行動は避けた方が良いでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加