セルティック旗手怜央が今季2戦目を負傷欠場と現地報道「一刻も早く完全な状態に戻ることを望んでいる」

セルティック旗手怜央が今季2戦目を負傷欠場と現地報道「一刻も早く完全な状態に戻ることを望んでいる」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/08/06
No image

スコティッシュ・プレミアリーグのセルティックは現地時間6日にシーズン2戦目、ロス・カウンティ戦を迎える。先月31日、開幕のアバディーン戦で2対0での勝利を挙げたセルティックは、敵地での連勝が期待される中、残念なニュースがアナウンスされた。

チームを率いるポステコグルー監督より、日本代表MFの旗手怜央の欠場が発表されたのだ。旗手はアバディーン戦でスタメン出場したものの、相手選手とハイボールを競り合った後、口元を押さえながらピッチに倒れ、しばらく起き上がれなかった。その直後の65分に交代している

そして日本人ミッドフィールダーの欠場については現地でも大きく報じられている。専門メディア『67 HAIL HAIL』は「この24歳の選手は、先週末のアバディーン戦で先発メンバーに名を連ね、シーズン序盤から積極的な動きを見せていた。チームも2対0で勝利したが、ハタテは65分後にノックアウトされ、退場となった」と初戦の様子を振り返っている。

【動画】旗手、古橋、前田が先発出場で躍動! セルティックの開幕アバディーン戦ハイライトさらに「ハタテのフィットネスに関して、ポステコグルーが何を言ったのか、さらなる詳細を待ちたい。しかし、先週末の負傷により、土曜日の試合を欠場することになりそうなのは確かだ」として、アバディーン戦での接触プレーが原因だったと指摘。

その上で「現段階では、元川崎フロンターレの選手がどれくらいの期間離脱するのかは不明だが、セルティックの監督やコーチングスタッフは、ハタテが一刻も早く完全な状態に戻ることを望んでいることだろう」と述べている。

今季は開幕前のプレシーズンマッチでも出場した4試合のうち3試合でマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど存在感を発揮、他の日本人プレーヤー同様、主力としてセルティック2シーズン目のプレーに大きな期待が寄せられていた。

同メディアも「この日本代表選手は良い夏を過ごし、プレシーズンで見せた力強いパフォーマンスをさらに発展させようとしていたことだろう」と綴っている。

また、旗手の代役として、スコットランド代表でもあるデイヴィッド・ターンブルがスタメンとなることを予想し「ハタテと並んでプレシーズンを好調に過ごしたもう一人の選手」と紹介している。

好調を維持して開幕を迎えていただけに、悔やまれる負傷欠場だ。中盤で攻守を支える旗手の不在がチームにどんな影響を及ぼすだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「40ゴールを超えるだろう」古橋亨梧、開幕戦は不発も英メディアはゴール量産に太鼓判!

【関連記事】「まさに凄腕!」 三笘薫、移籍後初スタメンのプレーに現地衝撃! 同僚や指揮官からの期待もうなぎのぼり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加