豪州戦の失点に繋がった守田の痛恨ファウルはなぜ起きたのか? 『4-3-3』プレッシングのメリット&デメリット

豪州戦の失点に繋がった守田の痛恨ファウルはなぜ起きたのか? 『4-3-3』プレッシングのメリット&デメリット

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

オーストラリアは、組み立てに駆け引き、流れ、ストーリーのようなものが強く感じられる洗練されたチームだった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

守田(写真)と田中のインサイドハーフが、攻守にわたってこの試合のキーマンだった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

FKを決められ同点に追いつかれた日本。失点はオーストラリアに“急所”を突かれたことが原因だった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

カタール・ワールドカップ・アジア最終予選、サウジアラビアに敗れてあとがなくなった日本は、ホームでオーストラリアと対戦。8分に田中碧が先制ゴールを挙げて勢いづいたものの、70分にアイディン・フルスティッチのフリーキックで同点に追いつかれ、予選突破に暗雲が立ち込める。

しかし終了間際の86分、浅野拓磨のシュートがゴールポストに当たり、混戦のなかから最後は相手のオウンゴールで勝ち越し。辛うじて2-1で勝利し、勝点3を積むことに成功した。

オーストラリアは丁寧なパス回しとゲームコントロールに長けたチームだったが、日本はプレーテンポの速さ、球際の俊敏性でそれを圧倒した。相手のポゼッションに振り回される場面も少なくはなかったが、ボールを巡る争いでは日本が常に優位だった。

兵法書『孫子』には、『巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如かず』という言葉がある。上手だが遅いよりも、下手でも速いほうがいい、という意味だ。サッカーも時折それに当てはまることはある。オーストラリアのプレーは正確で出来が良かったが、仕上がりは遅い。逆に日本のプレーは、普段とは異なる4-3-3システムを導入したことも手伝い、出来は粗かったが、その一方で選手は速く、テンポ良くプレーし、たくさん走り回った。
結果、オーストラリアは1-2で日本に如かず。暑熱のサウジアラビアから、涼しい秋の日本へ入ってコンディションが改善したことは大きく、『巧遅は拙速に如かず』が通用する試合になった。

戦術的なポイントは、日本が繰り出した4-3-3のプレッシングだ。オーストラリアの2枚のセンターバックを、大迫勇也が1人で追うのではなく、両ウイングの伊東純也と南野拓実が縦スライドして寄せ、同数にかみ合わせてプレスをはめる。大迫は相手センターバックよりも、アンカーの10番、フルスティッチを重点的にマークしながら、南野と伊東のプレスに連動する。

オーストラリアはアンカーが下がって最終ラインを3枚に変形するなど、ビルドアップに柔軟性を出すチームだ。日本が普段どおりに2トップで守備に立つと、3枚に変形されて数的優位を作られ、プレッシングがはまらなくなる。

そこで大迫を1トップとし、両サイドから南野と伊東がタイミングを合わせて縦スライドし、動きのなかでプレスを当てはめるほうが、最終ラインの2枚と3枚を使い分けるオーストラリアの柔軟性に対処しやすい。おそらく、そんな狙いがあったのではないか。もちろん、ボール奪取時に両ウイングが前に残りやすく、カウンターの威力が増すメリットもある。その辺りの複合的な判断だと思う。

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!一方で、南野と伊東が縦スライドすれば、オーストラリアはサイドバックがフリーになりやすい。ここではインサイドハーフの守田英正と田中が、相手ボランチに対してボール奪取を狙いつつ、相手サイドバックへのスライドも担当した。これは川崎フロンターレ出身で、4-3-3プレッシングに慣れた者たちでなければこなせない、難しいタスク。攻撃面を含め、守田と田中はこの試合のキーマンだった。

ただし、どんなにカバーに走ろうと、このプレッシングのやり方自体が、相手サイドバックをフリーにしやすいことは変わらない。いわば、急所だ。

前半は比較的うまく抑えた日本だが、後半は疲れが出始め、またオーストラリアが日本の左サイドに絞ってスペースを空け、鋭く展開してスピードアップするなど、日本の急所を見切ったような攻撃を増やしてきた。

70分の失点につながった場面も、そこから生じている。
日本は負傷した大迫に代わって1トップで途中出場した古橋亨梧と、南野が相手センターバックにプレスをかけた。一方、空いたアンカーの位置に入ってきたジャクソン・アーバインには、対面していた守田がそのまま追撃。ここで発生した小さな連動のズレが、日本のカバー関係を破綻させることとなった。

オーストラリアはアーバインがワンタッチで、左サイドバックのフラン・カラチッチへ展開した。守田はアンカーのスペースまで相手を追いかけたので、もう左サイドへスライドはできない。全力で走っても間に合わない。

そこへ、遅れて長友佑都が出てきた。しかし、長友はカラチッチに寄せ切ることができず、背後へ流れるマーティン・ボイルへ縦パスを送り込まれた。そしてサイドをフリーで快走するボイルに対し、遠藤航の必死のカバーリングも間に合わず、マイナス方向へ折り返され、最終的にはそこへ戻ってきた守田がゴール前でファウル。これが失点につながったのだ。

守田のファウル自体はむしろ、あの位置からよく戻った、よく間に合ったと、背中を叩いて励ましたい。一方で、守田に修正すべき点があるとすれば、最初のきっかけとなったプレッシングのズレだろう。

大迫がピッチに立っていたとき、彼はあまり南野や伊東と横並びにならず、アンカーに気を配りながら、段を作って守備のバランスを取っていた。しかし、その1トップがアクシデントで古橋に代わったことで、連係に微妙なズレが生じ、南野と古橋が横並びで中途半端にプレスに行き、アンカーのスペースが空いた。その中央を守田が抑えに出たことで、最後はサイドに危機が生まれている。まさに、芋づる式だ。
守田は古橋にコーチングし、この場面は一旦引くのも1つの選択肢だった。1点リードしているのなら、なおさらだ。その後、長友が遅れてスライドするべきだったのかどうかも含め、日本は少しずつ判断がズレた。また、前半のように飲み込む強度も落ちていた。

仮に守田の追撃をOKとし、長友や遠藤はスライドやカバーを早くする、もしくは冨安健洋が思い切って飛び出し、最終ラインのカバーは遠藤や酒井宏樹が走る。それでもいいのかもしれないが、果たして1点リードの70分に選択するべき連係かどうかは、疑問だ。

このぶっつけ本番に近い戦術のなかで、ここまで戦えたのは守田と田中あってのこと。ただし、周囲との連係のなかでは急造感があるのも否めなかった。

また、オーストラリアはその綻びを的確に突く質を持ち、駆け引きを行なっていた。
たとえば前述の場面で、長友が前に引っ張り出されたあと、その背後に流れたボイルを冨安は追撃せずフリーでクロスを折り返されたが、この判断には前半からの布石があったのだろう。

つまり、41分のシーンを思い返すと、吉田麻也のサイドチェンジが引っかかったあと、日本はゴールポストに当たるシュートを打たれ、大ピンチを迎えた。この場面では冨安はボイルを追撃し、吉田1枚を孤立させてゴール前に侵入されている。そのイメージが残っていたのか、あるいは後半に自分の背後へロングボールを何度も蹴り込まれ、サイドよりも真ん中で背後を突かれる警戒が強かったのか。

いずれにせよ、オーストラリアの試合の組み立てには、駆け引き、流れ、ストーリーのようなものが強く感じられる。今回は日本が量的に上回ったものの、『巧遅』を馬鹿にはできない、洗練されたチームだった。

彼らのニュアンスを日本も取り入れなければ、レベルが上がった昨今のアジア最終予選の突破は困難。ワールドカップ・ベスト8も口だけの目標になる。

文●清水英斗(サッカーライター)

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加